画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●JALのハワイ路線は63年目に

年間150万人の日本人が利用する航空機のハワイ路線で、競争が激化しそうだ。日本航空(JAL)とハワイアン航空は9月26日、包括的業務提携を発表。2018年3月よりコードシェア便の運航やマイレージプログラムの連携を始めることを明らかにした。

背景には、全日本空輸(ANA)が2019年春に導入予定の超大型機「A380」への対抗という狙いがある。ハワイアンが提携先をANAからJALへと切り替えたことで、勢力図はどう変わるのだろうか。

○JALを代表するハワイ線で提携、新たなスタート

記者会見には、日本航空から代表取締役社長の植木 義晴氏、ハワイアン航空からも代表取締役社長兼CEOのマーク・ダンカリー氏が登壇。JALが開設して63年目になるというハワイ線について、植木氏は「JALを代表する路線。ハワイアン航空との提携により、新たなスタートを切る」と宣言した。

具体的には、日本=ハワイ間の路線である成田、羽田、関西、新千歳、中部からのホノルル、コナ直行便のほか、それぞれの便から乗り継ぎ可能な日本国内線、ハワイ州内路線について、両社の便名を付与するコードシェアを開始する。両社のラウンジの相互利用やマイレージの積算、特典航空券の利用も可能にする。成田空港ではターミナルが分かれる両社だが、JALと同じ第2ターミナルにハワイアン航空が移転する見込みだ。

旅行商品としてはJALが販売する海外ツアー「JALPAK」でも、ハワイアン航空便を利用した商品を強化。今後は日米両国で独占禁止法適用除外(ATI)を申請し、アジア路線にもジョイント・ベンチャー(共同事業)を拡大していく構えだ。

ハワイアン航空について植木氏は、「88年の歴史を誇る航空会社。昨日もダンカリー社長と食事したが、ハワイアンは米国で13年間も定時到着率がトップ、JALも米FlightStats社の調査で5回トップになるなど、航空会社のCEOとして目指すところが似ている」と興奮気味に語った。

一方、ハワイアン航空は2010年に羽田=ホノルル便を就航。現在では東京から1日3便、大阪から1日1便、札幌から週3便を運航する。CEOのダンカリー氏もJALとの提携を歓迎し、「JALとハワイアンは多くの点でパートナーだ。搭乗した瞬間からバケーションの始まりを感じていただけるよう、温かいハワイのおもてなし精神を大事にしている」と語った。

●ANAのA380に対抗できるか

こうして提携を発表した両社だが、実は以前にも提携の話があったことを植木氏は明かす。2010年、日本に就航したハワイアン航空が最初に声をかけたのがJALだったという。だが、折しもJALは2010年1月に会社更生法の適用を申請、経営破綻の渦中にあったことで提携を断念。ハワイアンは2012年からANAと提携するに至った。

それではなぜ、ハワイアンは改めてJALと提携するのか。その理由としてダンカリー氏は、ANAが加盟するスターアライアンスのパートナーであるユナイテッド航空の存在を挙げ、「ANAはユナイテッドとの共同事業があり、ハワイアンは思うほど近づけなかった」と振り返る。

JALもワンワールドに加盟しており、アメリカン航空と共同事業を展開している。しかし日本=ハワイ路線においてはパートナーシップがない。既存のアライアンスには加盟していないハワイアンとしては、ハワイ路線でJALと組める状況、ひいては高い競争力に繋がるという判断を下したわけだ。なお、ANAと航空の提携は、2018年3月に解消する予定となっている。

こうして提携に至ったJAL・ハワイアン連合だが、当面はそのANAへの対抗が課題となる。ANAは2019年春に、総2階建ての超大型機「A380」を東京=ホノルル線へ3機投入する。座席数は500席以上で、ファーストクラスも設定する。ウミガメの特別塗装も公募で決めた。

A380の導入は日本の航空会社として初めてで、「ハワイ旅行でA380に乗ってみたい」という旅行客へのアピール効果は絶大だろう。直接的な対抗について、両社は「A380を購入する検討はまったくしていない」(植木氏)、「次世代ワイドボディも検討しているが、A330が最適な機体だと考えている」(ダンカリー氏)と否定する。

輸送力そのものは、両社の合算で座席数が上回るとみられるほか、機材の優位性についても「日本=ハワイ間の1日7便すべてを、SKY SUITE仕様の機材で運航する。年末年始には成田=ホノルル便にファーストクラスもあるフラグシップの777-300ERを投入する」(植木氏)、「すべての路線にA330-200を配備した。フルフラットは18席、エクストラ・コンフォート席も多数ある。機内食は有名シェフとコラボした」(ダンカリー氏)と強調する。

今後は日本=ハワイ間だけでなく、その先にJALとハワイアン航空が見据える、アジア=ハワイ間での共同事業との相乗効果にも注目したい。