最近、医学界でわかってきた「万病のもと」に迫ります(写真:Graphs / PIXTA)

一見まったく違う病気に「共通項」を発見!

認知症、がん、糖尿病、アトピー性皮膚炎……現代に増えるこれらの病気に「ひとつの共通の原因」があることをご存じでしょうか。

「心臓病や脳卒中は、動脈硬化が原因で起こる血管の病気」「がんは、遺伝子の傷が原因で生まれる病気」「アルツハイマー型認知症は、脳が萎縮する病気」「糖尿病は、インスリンが不足して高血糖が続く病気」「アトピー性皮膚炎は、皮膚の病気」――こんなふうに、それぞれの病気はまったく別の原因で生じるまったく別の病気だと思いますよね?

病院で診てもらうにしても、心臓病は循環器内科や心臓血管外科、認知症は精神科や神経内科、糖尿病は内科や内分泌内科……と、診療科も違います。私たち医者も、それぞれ違うアプローチで病気の治療を行ってきました。

ところが、最近になって、これらの一見まったく別々の病気の間に、「慢性炎症」という共通項があることがわかってきたのです。

拙著『体内の「炎症」を抑えると、病気にならない!』でも詳しく解説していますが、実は炎症が私たちの「健康」や「老化のスピード」に大きく関わっています。30代以降、「ぐっと老け込む人」「ずっと若々しい人」「病気がちな人」「100歳まで健康な人」を分けるのは、この「体内の炎症」なのです。

そもそも「炎症」ってなんでしょう――?

身近な例で言えば、蚊に刺されるとすぐに赤く腫れ痒みを感じるのも、これも典型的な炎症です。蚊の唾液に入っている物質(体にとっての異物)に反応して、排除しようとした結果「炎症」という反応が起こるのです。

このように、本来「炎症」は有害なものではありません。私たちの身を守り癒す「治療プロセス」「免疫システム」です。

体は外部からの有害な“侵入者”を排除したり、組織が傷つくとその傷を修復しようとしたりします。その過程に起こるのが「炎症反応」なのです。これらは医学的には「急性炎症」と呼ばれています。

しかし、炎症が「慢性的」になるとき、深刻な問題を引き起こします。これが「慢性炎症」です。

急性炎症の原因となったものをずっと排除できなかったり、免疫系のアンバランス、加齢などの理由で、炎症を長期間にわたって「消火」できなくなったりしたとき(=慢性炎症)、免疫系の暴走が始まり、体を攻撃し始めます。

慢性炎症によって、本来は攻撃対象ではない「健康な組織」も攻撃され、臓器が破壊され、やがてさまざまな生活習慣病が発症したり、老化が恐ろしいほど加速したりするのです。

「慢性炎症」のいちばん恐ろしいところは、自覚症状がほとんどないところです。さらに、慢性炎症を起こした部位は「元には戻らない」という非常に厄介な性質を持っています。

「歯周病」は最もわかりやすい慢性炎症

見逃してしまうような小さなボヤ(慢性炎症)でも、長く続くと、大火事(深刻な病気)になる――。その最もわかりやすく、最も身近な例が、「歯周病」です。

口の中に入ってきた歯周病菌は、“空気を嫌う菌”なので、「歯周ポケット」と呼ばれる歯と歯ぐきの間の溝に潜り込みます。しっかり歯みがきをして歯のまわりについた汚れを取り除かなければ歯周病菌はどんどん増え、「プラーク」というネバネバとしたかたまりをつくりながら、奥へ奥へと進んでいきます。

その歯周病菌と、歯周病菌が出す毒素に反応して、歯ぐきで「炎症」が起こるのが、歯周病の始まりです。そこで気づいて、毎日の歯みがきでしっかりプラークを落としたり、歯科医院に行って汚れを取ってもらったらいいのですが、そのままにしていると、炎症はじわじわ広がっていきます。

歯を支えている歯槽骨にまで炎症が広がり、歯槽骨が溶け始めて、歯槽骨が半分ほどになると、支えを失った歯が少し揺れるように。

それでもなお、そのままにしていると、さらに歯槽骨が失われ、歯ぐきも下がり、歯がグラグラと揺れるようになって、最終的には歯を失うことになるのです。

さらに恐ろしいことに、歯周病菌や、歯周病菌に反応して歯のまわりでつくりだされる「炎症を引き起こす物質(メディエーター)」が、血流に乗って全身を巡り、脳梗塞や動脈硬化、糖尿病など全身の病気を引き起こすことがわかってきています。たとえば、動脈硬化の人の血管から歯周病菌が見つかったという報告が、国内外で多数あがっているのです。

歯のまわりで炎症を起こした原因が、遠くの炎症の原因にもなる。たとえるなら、“飛び火”のようなもの。

このように体の1か所で起こった炎症が遠くのどこかに飛び火して、新たな炎症を起こすこともあるのです。

そうすると気になるのは、「自分の体はくすぶっているの?」ということでしょう。どのくらいくすぶっているのか“手がかりになる数値”があります。そのひとつが、高感度「CRP(C reactive protein:C反応性タンパク)」です。

炎症が起こると、肝臓がいくつかのタンパク質を作って、血流に乗せ全身に送り込みます。そのひとつが、「CRP」というタンパク質なのです。

人間ドックや健康診断の血液検査でも、この「CRP」が測定項目に入っていることはありますが、血糖値やコレステロール値などとは違い、なじみのないアルファベットなので、気に留めていない人が多いのではないでしょうか?

健康診断の結果表が残っている人は、ぜひ取り出して見てみるといいでしょう。

アメリカ食品・医療薬品局(FDA)が、1999年に高感度CRP測定法を慢性炎症である、動脈硬化の指標として承認しており、近年では人間ドックでも心筋梗塞などの冠動脈疾患のリスクアセスメントとして高感度CRPが行われています。具体的には0.20mg/dl以上になると冠動脈疾患のリスクが高いといわれています。

慶應義塾大学医学部の百寿総合研究センターとイギリスのニューカッスル大学が行った共同研究では、「85歳〜99歳」「100歳〜104歳」「105歳以上」のどの年代群でも、CRPをはじめとした炎症マーカー(値)が高い人のほうが、低い人よりも早く亡くなっていました。しかも、この研究では認知機能や日常生活の自立度も調べているのですが、どの年代群でも、炎症マーカーが低い人たちのほうが認知機能も日常生活の自立度も高かったのです。

この結果から推察できるのは、体内の炎症が少ない人のほうが寿命だけではなく「健康寿命」も延びるということ。つまりは、体内の炎症が少ない人ほど、元気で長生きできるということです。

ポッコリお腹「りんご型体型」が危ない!

CRP値を見るまでもなく、「体内の炎症」を心配するべき人がいます。それは、いわゆる「リンゴ型」といわれるような、お腹がポッコリ出たようなタイプ、「内臓脂肪型肥満」の人です。

実は、肥満が進めば進むほど、「体内の炎症」は進むことがわかっています。肥満の人の脂肪組織、とくに内臓脂肪からは、「体内の炎症」を引き起こす物質「アディポサイトカイン」が多く分泌されるからです。

内臓脂肪は体内の炎症を引き起こす厄介な脂肪ですが、ただ、「つきやすく、取れやすい脂肪」です。そういう意味では、決して厄介ではありません。

内臓脂肪が増える原因は、まず、食べすぎ。特に、中性脂肪として蓄えられやすく、血糖値を急激に上げてインスリンの分泌を増やす炭水化物や甘いものの食べすぎは、よくありません。それと、運動不足や筋肉量の減少による基礎代謝の低下によって、消費エネルギーが少なくなれば、その分、脂肪の蓄えが増えていきます。

体を炎症させる最大の要因である肥満を解消するには、やっぱり食生活の改善と運動が欠かせません。今日から、脂肪を溜め込む生活を卒業しましょう!

炎症を抑える「食生活の工夫」

炎症を抑えるものとして、いま注目を集め、国内外でさかんに研究が行われているのが「EPA(エイコサペンタエン酸)」と「DHA(ドコサヘキサエン酸)」です。

EPAもDHAも、青魚の油に多く含まれる体にいい成分として有名ですね。とくにEPAは「血管にいいもの」、DHAは「脳にいいもの」として覚えている人が多いと思います。これらがいま、「炎症を抑えるメディエーター(物質)」として再び注目を集めているのです。


難しい話は抜きにして、具体的に日常の食生活でできる3つの工夫を最後にご紹介しておきましょう。

[工夫1]EPAやDHAが豊富な魚を食べる。肉も大切なタンパク質なので、昼食で肉を食べたら夕食は魚にするというように、肉と魚を交互に食べるといいでしょう。

[工夫2]体内でEPA、DHAに変換するαリノレン酸を多く含んだアマニ油やエゴマ油などを摂る。

[工夫3]魚が苦手な人にあくまでも補足としておすすめしたいのが、EPA、DHAのサプリメントで補うという方法。ただし、サプリメントというのはあくまでも栄養を補うためのもの。食事のなかで魚などからEPAやDHAを摂れるなら、そのほうがいいのです。