大活躍したアントニー・マルシアル【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間27日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節の試合が行われ、マンチェスター・ユナイテッドはCSKAモスクワのホームに乗り込んで対戦し4-1の勝利をおさめた。この試合で全得点に絡む活躍を見せた21歳のフランス代表FWアントニー・マルシアルが英メディア『BBC』の選ぶMOM(マン・オブザ・マッチ)に選出されている。

 試合開始して4分、マルシアルのクロスにルカクがヘディングで合わせて先制すると、19分にはムヒタリアンが倒されて得たPKのチャンスをマルシアルがしっかりと決めて2-0とした。さらに27分には、再びマルシアルのアシストからルカクが得点しリードが3点となる。

 続く57分には、敵陣でボールをカットしてマルシアルがGKと1対1に。このシュートはGKに止められたが、ムヒタリアンがこぼれ球に詰めて4-0とした。終盤1点を返されたが、リードを守りきったユナイテッドが4-1の勝利をおさめている。

 同メディアはマルシアルをMOMに選出し、寸評では「1ゴールを決め、他の3点にも関与した。CSKAのディフェンスを巧みな走りと知的なプレーで動揺させた」とコメントしている。

text by 編集部