PSGで次にPKを蹴るのはネイマールか、カバーニか ブックメーカーでの本命は…

写真拡大

注目を浴びる内紛騒動 カバーニの去就を巡る賭けもスタート

 パリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニと、ブラジル代表FWネイマールがPKキッカーを巡って口論を起こし、チーム内での不協和音が大きく報道されているが、次のPKをどちらが蹴るのかという話題が、ブックメーカーでも賭けの対象になっているという。

 イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

 カバーニとネイマールは、17日のリヨン戦で好位置でのFKとPKのキッカーを巡って試合中に口論となり、ブラジル代表DFダニエウ・アウベスや主将の同代表DFチアゴ・シウバといった選手たちに加え、OBやメディアも巻き込んでの論争へと発展した。

 記事によると、ブックメーカーでは次のPKを蹴るのはどちらの選手かを対象に、賭けがスタート。現時点ではカバーニが2.22倍、ネイマールが5倍となり、カバーニが蹴ることが本命視されているという。

 それに加え、カバーニが次の冬の移籍市場を終えた後にどのクラブに所属しているかという賭けもスタート。現状、PSG残留が2.2倍の大本命だが、ACミラン移籍が10倍、古巣ナポリ移籍とドイツ王者バイエルン・ミュンヘンへの移籍が12倍で続いているとした。

 欧州では多くの話題がブックメーカーにより賭けの対象となる文化を持つが、PSGの内紛もこうした話題になっている。注目される次のPKがPSGに与えられるのはどの試合になるのか。そしてキッカーの位置に立つのは誰になるのか、注目が集まっている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images