「半年に渡って勝手に『ひよっこ』を応援してきましたが、最終回を迎える心の準備ができてきました」ーー9月27日、『ひよっこ』(NHK総合)に番組を繋げる、いわば“朝ドラ入り”の役目を担う『おはよう日本』(NHK総合)での、高瀬耕造アナウンサーによるコメントだ。“ロス”ではなく、最終回を受け入れる覚悟。みなが心の準備をし始めた、最終週「グッバイ、ナミダクン」。散りばめられたいくつもの伏線が回収されていく中で、一方通行に見えたさおり(伊藤沙莉)の思いを三男(泉澤祐希)が受け止めた回は、視聴者の心を和ませる温かなストーリーとなった。

(参考:『ひよっこ』佐久間由衣が羽ばたくとき 第24週で描かれた3人の物語のクライマックス

 女優を夢見る時子(佐久間由衣)の心の支えとして“片思い”をし続けた三男。そんな三男の存在が励みであり、“解放してやりたい”と突き動かされた時子は、「ツイッギーそっくりコンテスト」で優勝し、見事女優への階段を駆け上がっていった。みね子(有村架純)を含めた幼馴染の親友3人に嫉妬していたさおりは、時子と三男とは“三角関係”に当たる。女の子が憧れる女性像、スターとして羽ばたいていった時子を敬い、“次は私”と言わんばかりにさおりは三男にアプローチを続けていた。

 「女は永遠に待てない」と言って、いつものように三男への気持ちをぶつけるさおり。思いが溢れたさおりは、三男にいきなりの唇へのキス。さらには見逃した視聴者のために「REPLAY」がかかるユニークな演出っぷりだ。三男はきっと振り向いてくれない。断られることを前提に思い出のキスを迫ったさおり。しかし、三男はさおりの気持ちを受け入れる。何をするにも家族に否定されてきた三男は、上京前に奥茨城村で走った聖火リレーで「俺を忘れねぇでくれ!」と叫んだ。必要とされること。さおりだけでなく、善三(斉藤暁)にも温かく迎えられることが三男は嬉しく、幸せだった。ましてや、三男は片思いし続ける立場をよく知っている。さおりの気持ちが嬉しくないわけがない。

 「時々、自信ないみたいに言いますけど、さおりさんは可愛いですよ」「恋人になりませんか? 俺でよかったら」。善三と不仲にあるさおりは、本名の米子という名を捨て、店を将来パン屋にしたいと考えている。そんな強気で素直になれないさおりは、三男にとって“構ってあげたい存在”だ。乙女で可愛らしい一面を愛らしく思っていた。「将来、一緒になるとして、家族が仲悪いのは絶対嫌です。それは嫌です。それを約束してくれなかったら、この話はノーです。約束してくれますか?」。農家の三男坊に生まれ、「さっさと手伝え」と愛情の裏返しの辛辣な言葉を受けていた三男は、家族の不和を嫌った。誰もが幸せになること。時子を含め、全員が報われる道を三男は選んだのだ。

 ところで、三男の家族、角谷家について筆者がずっと気になっていることがある。公式に三男は「農家の三男坊」という設定だが、物語にはすずふり亭の高子(佐藤仁美)と結ばれた太郎(尾上寛之)、そして三男しか登場していない。次男にあたる兄弟がもう一人いるはずなのだ。奥茨城を走るバスがワンマンカーとなり、運転手は小太郎(城戸光晴)1人となった。村長選挙の告示ポスターには、笑顔の次郎(松尾諭)の姿が……。細かく見ていくと気になる点がまだまだ残る『ひよっこ』。残る3回で物語はどこまで描かれるのだろうか。

(渡辺彰浩)