G・ネヴィルが思う、ユナイテッドに欲しい「あと一人」とは

写真拡大

『Manchester Evening News』は27日、「評論家のギャリー・ネヴィル氏は、マンチェスター・ユナイテッドに欲しい選手を語った」と報じた。

かつて「ファギー・ベイブス」の一人としてユナイテッドを支え、チームを多くのタイトルに導いたネヴィル氏。

一時期はバレンシアで監督も務めたが、現在は再びコメンテーターとしてメディアで活躍している。

彼は古巣ユナイテッドについて以下のように話し、もう一人才能ある選手がいればもっと良くなると語った。

ギャリー・ネヴィル

「我々はもっと良くなれるはずだ。このチームでもう一人才能ある選手を見たいね。

私は、相手を打ち負かすことができて、誰もに危険を感じさせるようなウインガーがいいと思う。

スペインで4ヶ月いたときには、アントワーヌ・グリーズマンが好きだったね。

グリーズマンをユナイテッドで見たいと思う。彼はスピードがあって、独創的だ。一対一で勝てるし、ゴールも決められる。

クリスティアーノ・ロナウドやネイマール、ベイルも見たいと思う人がいるだろうね。彼らはオールド・トラッフォードに光をもたらしてくれると分かっているからだ。

ルイス・スアレスは、リヴァプールでプレーしていたとはいえ、ユナイテッドのタイプだよ。

傲慢かもしれないが、彼は素晴らしい。ゴールを決められるし、とてもアグレッシブな男だよ」