堂安律はオランダで確実に成長を続けている。中2日の連戦で結果を残し、努力の成果があらわれ始めた【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

中2日で結果を出した堂安。試合前からあった「予感」

 この夏にガンバ大阪からオランダ1部のフローニンゲンへと移籍した堂安律だが、リーグ開幕戦以降出場機会を得られていなかった。しかし、ここにきて中2日の連戦でしっかりとゴールに絡み、チームの勝利に結果で貢献した。ここまでの間に19歳の若武者は何をして過ごしていたのか。それを紐解くと、向上心の塊である堂安のサッカーに対する真摯な姿勢が見えてきた。(取材・文:中田徹【オランダ】)

--

 リーグ開幕戦以降、公式戦で出場機会のなかった堂安律だったが、中2日の連戦で結果を残した。

 9月21日のKNVBカップ1回戦、フローニンゲンはアマチュアのヘルクレスと対戦した。後半開始から右サイドハーフとして出場した堂安は、ピッチに立ってからわずか43秒でスコアを2-1とする逆転ゴールを決めた。チームは4-2で勝った。

 24日のエールディビジ第6節、対トゥエンテ戦を翌日に控え、アーネスト・ファーバー監督は「明日はお前が“10番”だ」と告げた。

「(カップ戦で)結果も出しましたし、流れも変えていた。海外はそういうところだと思って来たので、先発が来るかなという予感はしてました。そのとおりでした」

 トゥエンテ戦でも堂安はチームの決勝ゴールに絡んだ。51分、左からのクロスに対して堂安が左足ダイレクトで合わせた。このシュートはDFにブロックされてボールは高く宙に舞い、反応良く落下地点に入ったウサマ・イドリッシがヘディングシュートを決めた。これが値千金のゴールとなり、フローニンゲンが1-0で勝利した。

 この日の堂安はボールタッチこそ少なかったが、いくつかセンスの高いプレーを披露した。45分、自陣から一気に長い距離をドリブルして敵陣に入り込み、相手2人をかわしてからスルーパスを出したシーンは、そのひとつだ。

 66分にも、味方GKのロングキックを腿で浮かせてマーカーの頭を越し、そこから一気にゴール前まで走り込んでジャンピングボレーを撃つ、ダイナミックなプレーがあった。

「あれを決められる選手になりたい。ボールを奪ってからスプリントして、一番点の獲れるポジションに入っていくというのは、Jリーグの時からの課題でもありました。あそこで頑張ることで、個人技でいくよりももっと楽に点を獲ることが出来ると思います。クリスティアーノ・ロナウドも、ああいう点ばかり。最近はそういうのを意識しています」

オランダで痛感した強度の差。適応するための地道な努力

 この日の堂安は71分でお役御免となり、ベンチに退いた。

「やっぱり日本の時より強度が高いので、交代する時には少し足が攣りそうなところもあった。それが(コーチングスタッフに)見切れらたのかどうかわからないですけれど(笑)、徐々に90分出来るようにやっていきたいと思ってます」

 小柄な堂安だが、オランダに来てから明らかに筋肉のボリュームが増えている。トゥエンテ戦では相手を吹き飛ばすほどのショルダーチャージでボールを奪い取った。

「あのプレーは、長谷川健太監督が求めるサッカーでもあったので、僕はガンバ大阪時代にもやってました。開幕戦では緊張していて、少し気を使ってプレーしていたので、あのプレーを出せませんでした」
 
 コンディショニングトレーニングの一環として、ガンバ大阪では「サッカーのピリオダイゼーション」という理論を取り入れている。一見、ミニゲームの用に思えるが、実は短い時間・短い休憩で全力のプレーを繰り返すことによってコンディショニングトレーニングとしての効果がある。これをガンバ大阪では“オールアウト”と呼んでいる。

「ガンバ大阪では試合の2日前に、“オールアウト”というのを1回入れてます。フローニンゲンではそういう(高い強度の練習)のが毎日あります。(ゲームの)本数はもちろん少ないですけど、それぐらいの強度の練習をフローニンゲンでは毎日やっている。そうしないと、これぐらいのゲームが出来ないと、今日痛感しました」

 ガンバ大阪にいた最後の頃から、堂安は「居残り練習が出来なくなるぐらい、全体練習を100%で取り組む」という気持ちを練習に対して持ち始めたという。

「サッカーの考え方に関しては、(やっていることが)無駄な努力にならないように、練習を100%でやることを意識しています。(全体練習で力を)抜いて居残り練習するぐらいなら、練習で100%やって、あがっちゃうぐらいのイメージでやっている。そこで妥協したら意味がないので、誰よりも練習を100%でやって、その上で一番最初にあがるのは別に問題ないと思います」

負傷の原因突き止め、弱点は日々改善

 改善ポイントを探しながら、個人トレーニングにも堂安は励んでいる。サッカー界でも有名な陸上コーチ、杉本龍勇氏の指導を受けて走法改造に取り組んでいるのも、そのひとつ。また、長友佑都がSNSで紹介したことで関心を集めた体幹トレーニングも、つい最近始めた。

「東口順昭選手もやっていたので、ガンバ時代に『僕もそれをやりたいんです』と言ってたんですけれど、出来ないままオランダに来てしまいました。そうしたら東口さんが(インストラクターに)連絡してくれて、一昨日、オランダに来てもらったんです。だけど、フローニンゲンに何も言わず勝手にやってはダメなんで、チームのフィジオセラピストとコーチを呼んだら5人ぐらい来てしまった。自分はもっと簡単に『体幹トレーニングをやってもいいか?』と聞いて『やってもいいよ』という話になるのかと思ってたんですが、そこから僕の身体についてすごい話し合いになって、とても良い時間になりました」

 インストラクターとフローニンゲン、両サイドが堂安の身体をチェックし、出した答えは猫背の矯正と足首を柔らかくすることだった。

「僕は猫背なんです。だから『姿勢を良くして』と言われても、どうしてもここ(胸からお腹の辺り)が上がっちゃったりしちゃう。だから猫背を治すために肩甲骨の周りを柔らかくすること。足首も堅いですし、足首を柔らかくしたりとか。そこの狙いは一緒でしたね」

 堂安は9月上旬、チームでの練習でタックルを受けて打撲と捻挫を負った。

「これまで自分は、足首を怪我したことがなかった。だけど、足首に筋肉がついているから、多少当たっても怪我しなかっただけだった。オランダに来てからすぐに怪我をしたので、やっぱりプレー強度が上がるとやっちゃうのかな」

 サッカーはコンタクトスポーツだから、「怪我をするのは仕方がない」という風潮があるが、突き詰めてみると原因があることが多い。足首を負傷してから2週間後、早くも不安要素を突き止めた堂安はその改善に取り組んでいる。

(取材・文:中田徹【オランダ】)

text by 中田徹