ベッカムの退団はホッとした…相棒G・ネヴィルが明かした心境

写真拡大

『Sky』は27日、「元マンチェスター・ユナイテッドのギャリー・ネヴィル氏は、デイヴィッド・ベッカムがレアル・マドリーに移籍した時の心境を明かした」と報じた。

ユナイテッドの下部組織から昇格し、長くクラブを支えたベッカム。6つのリーグタイトルをもたらすなど中心的な存在になっていたが、2003年にレアル・マドリーへと売却された。

その背景にはアレックス・ファーガソン監督との確執や衝突があったと言われている。監督の蹴り上げたスパイクが顔に当たったという事件も有名だ。

右サイドでベッカムとコンビを組んでいたG・ネヴィルは以下のように話し、彼の退団は残念だったがホッとしたと語った。

ギャリー・ネヴィル

「私は分かっていたよ。それまでの12ヶ月間を考えれば、終わりがやってくるだろうとね。舞台裏で何が起こっているかは理解していた。

幾つか公になった出来事もあった。それらが少し物事を後押しした。

デイヴィッドが去ったとき、私は残念だった。しかし、ニッキー・バットや弟のフィル、ロイ・キーン、デニス・アーウィンが去ったときもそうだった。

彼らはユナイテッドでそのキャリア、その人生の大部分を過ごしてきた人物だ。

それは、私の周りの仲間だけではない。デイヴィッド、フィル、ニッキーらだけではね。

ビッグプレイヤーが離れていくとき、それは損失だ。ただ、誰もが歩みを進めなければならない。

そして、私が離れたときも、他の選手が離れたときも、クラブは大きかった」

【次ページ】「デイヴィッドの退団は少しホッとした」

ギャリー・ネヴィル

「正直に言えば、デイヴィッドが退団した際に『悲しかったか?』と聞かれると、正しい表現ではないね。

私は少しホッとしていた。彼にとっても、クラブにとってもね。これ以上関係が悪くはならないからね。

デイヴィッドはクラブのために多くの貢献をした。そして、クラブもデイヴィッドに多くのことをもたらした。

デイヴィッドはクラブを愛していたし、クラブもデイヴィッドを愛していた。

それが悪くなることはないと。彼は適切な時にユナイテッドへ来て、そして正しい時に去ったんだ。私にとっては、少し緊張が和らぐ出来事だった。

彼は素晴らしい選手で、一緒にプレーすることも好きだった。彼がやりたいことは分かっていたし、彼も私のことを分かっていたよ。

デイヴィッドはいつも国外でプレーすることを夢見ていた。そして、欧州のサッカーをプレーしたいと。

彼がそのキャリアでやってきたことを見れば、レアル・マドリーやPSG、ミラン、マンチェスター・ユナイテッド、LAギャラクシーでプレーしたんだ。素晴らしいキャリアじゃないか。

それを見て、デイヴィッドが間違っていたと考えることはできないよ。信じられないほどの豊かな人生経験を積んできているんだ」