恋愛対象になれる? 「男友達」を好きになったとき、意識したい3つのポイント

写真拡大

「ただの男友達だと思っていたのに、好きになっていた」

簡単! 男が思わず“ドキッ”とする、意外な「モテ」テクまとめ

テレビドラマのような展開ですが、気の合う友人だった二人が恋愛関係に発展する。なにも不思議ではありません。

ただ、越えなければいけないハードルが、出会ったばかりの男女とは異なります。

今回は、男友達を好きになったときに乗り越えるべきハードルと、恋がうまくいくポイントをご紹介します。

男友達を好きになったとき、乗り越えるべきハードル

友人を失うかも…という不安

まず最初に立ちはだかるのは「自分を理解してくれる友人を失うのではないか」という不安。

この心配は、とりあえず横に置いておいておきましょう。

考えてみてください。彼は、あなたの恋愛感情を知って、友人をやめるような人でしょうか? きっと、彼がそんな浅い人間ではないから、好きになったのではないですか?

もしも万が一、あなたの好意を知った後、彼の態度が微妙になったら、その時、対処方法を考えましょう。好きになった気持ちは抑えるのが難しいものです。

こんな葛藤も

次に待ち受けるのは、心理的ハードル。「アイツは男としてないわぁ」と思っていた男性を好きになってしまった場合の葛藤です。

たとえば友人として、彼がたくさんの女の子を泣かせてきた恋愛エピソードを知っているなら「私があんな男を好きになるなんて」と苦しむかもしれません。

彼のダメな部分も知っているからこそ、彼への恋愛感情と「ないわぁ」という気持ちの間を行ったり来たり。でも、好きになったら仕方ない。自分の気持ちを素直に受け入れましょう。

友達以上になれない可能性も

乗り越えるのがもっとも難しい問題、それが、彼があなたを友達以上には見てくれない可能性が高いという点。

彼にとってあなたが、理解してくれる良き友人であったなら、なおさらです。

このハードルを乗り越えるためには、直球勝負ではうまくいかないかも。

恋がうまくいくポイントは?

焦らない!

長い期間を友人として過ごしてきたのなら、一気に状況を変えようとしないことが大切です。

あなたは、今すぐ恋人になりたいかもしれません。でも、彼の気持ちは? 彼にも、準備をする時間が必要なのでは? 焦らず時間をかけて友達から恋人になるのは、彼への優しさでもあります。

あなたの気持ちの押し付けにならないよう注意したいところ。

二人の時間を作る

これまでと同じように、友人として一緒に過ごしていたのでは、変化は望めません。そこで活用したいのがイベント。うまく使えれば、二人で過ごす流れを自然に作りやすくなります。

彼に、ハロウィンやクリスマス、お正月を、今までと違ったスタイルで過ごす提案をしてみるのがおすすめです。

カップルで行くことが多い、クリスマスのイルミネーションや初詣。「イルミネーションを見たいから付き合ってほしい」「初詣は一緒に行こう」と誘い、“プレ恋人”状態を作ってみてはいかがでしょうか。

「気持ちが向いてます」ということを伝える

残念ながら、鈍感な男性は女性の好意に気づきません。長年、友人同士であったのならなおさらです。

そんな鈍感な彼には「声を聞いたら元気になった」「ちょっと会いたくなった」など、これまで表したことがない気持ちを伝えていきましょう。

少しずつ「私にとってあなたは特別な人」という気持ちを伝えていけば、これまでに見せたことがない姿に、彼もあなたの気持ちに徐々に気づくはずです。ここでも、焦らないことが大切です。

いかがでしたか? 乗り越えるハードルを全てクリアして恋人になったときには、友人であったからこそ感じられるメリットも多いはず。時間をかけて、ハードルを越えていきましょう。