【保活】保育園に落ちても仕事を諦めない! 幼稚園の「延長保育」活用のメリット

写真拡大

そろそろ来年度の入園に向け、保活を始めているママも多いですね。

【幼稚園ママと保育園ママ】うまくつきあうコツは?違いすぎる事情と互いのホンネを聞いてみた

多少は改善した自治体もあるでしょうが、ほとんどの自治体でいまだ待機児童問題は解消されておらず、今年もママ達を悩ませることになるでしょう。

そんなママ達が保活で最初に考えるのが「保育園」ですが、保育園は0歳児から長時間預けられるため、ママが働くうえでは保育園しか使えないと思っている方は意外に多いといいます。

保育園がダメなら幼稚園はいかがでしょうか。

幼稚園は3歳からしか預けられないというデメリットはありますが、最近の幼稚園は、延長保育制度を採用しているところが多く、夕方5時〜6時頃まで預かってくれるところもあります。

その時間まで預かってくれるなら、保育園がダメだからと働くことを諦める必要はありません。

今回は「延長保育」にスポットをあて、保育園と幼稚園の延長保育の「内容の違い」と、生活スタイルに合わせた「活用方法」について、ワーママ達の実情を元にお伝えしたいと思います。

幼稚園も意外に使える!保育園と幼稚園の延長保育の違い

保育園は夕方6時や6時半までは普通に預かってくれますが、幼稚園はどうでしょうか。

幼稚園はお昼までだったり、お弁当を持たせて1時や2時までだったりと、早く終わるイメージが強いですね。

しかし最近の幼稚園は「延長保育」を採用しているところも多く、私立の幼稚園では夕方5時や6時まで預かってくれるところも多く見受けられます。

その時間まで預かってもらえるならば、時短制度が使える企業であれば十分働けますし、アルバイトやパートであればお迎えまで十分働けるでしょう。

では、保育園と幼稚園の延長保育では内容的にどんな違いがあるのでしょうか。

保育園の場合

・給食がある

・お昼寝がある

・おやつが出る

・通常保育時間(18時や18時半まで)を過ぎると、延長保育扱い

・延長保育料は、定額であったり、スポット料金であったりまちまち

・20時や21時頃まで預けられる保育園もある

・延長保育の場合は夕食まで出る

・預かりがメインで教育的なことはしない

幼稚園の場合(延長保育)

・給食がない

・お昼寝タイムがない園が多い

・おやつは出ないところが多い (必要な場合は持参させる)

・延長保育は定額であったり、スポット料金であったりまちまち

・夕食は出ない

・延長保育でも「教育的要素」がある

両者にはこのような違いがありますが、大きな違いは「お昼寝」「おやつ」「預けられる最長時間」です。

同じ時間だけ預けることができても、幼稚園の場合はお昼寝タイムがない場合が多く、子どもにもよりますが、お昼寝がないと夕方ぐずぐずしてしまう子もいるでしょう。

また、おやつがない園が多いため、必要な場合は持たせなければならなかったりします。

預けられる最長時間については、もともと幼稚園と保育園の趣旨が違うため、ここは仕方ありませんね。

こうやって比べてみると、ママ目線の「預ける」という概念においては、幼稚園の方が制限があるように見えますが、勝る部分もあります。

それは延長保育でも教育的要素があることです。英会話やリトミック、スポーツ教室などを開催して預かってくれる園もありますから、そこは保育園には負けないところと言えるでしょう。

生活スタイルに合わせた幼稚園の延長保育活用方法

では、保育園の選考に落ちた働くママ達が、保育園を諦め幼稚園の延長保育を利用しながら、どのように過ごしているのでしょうか。実態を聞いてきました。

1歳半までは育休、2歳から民間保育室、3歳から幼稚園の延長保育

出産前まで正社員で働いていたFさん。出産後は育休、民間保育室を利用しながら公立の保育園入園を目指し保活に励んでいましたが、3歳児でも入園できず断念。

保育園は諦め、気持ちを切り替え幼稚園に入園させ、延長保育を利用しながら時短で働いているそうです。

次の4歳児でまた公立の保育園入園を目指そうと思ったそうですが、子どもが思ったよりも幼稚園に馴染んでいて、友達もでき楽しそうだったため、このまま幼稚園を卒園させることに決めたとFさんは言います。

毎日のお弁当の準備や、延長保育に開催される英会話教室やダンス教室などの準備が大変ですが、お弁当は自分の分も一緒に作ってしまえばお金も節約できますし、保育園に行かせていたら教育的要素はありませんから、今考えたら保育園よりも幼稚園を選んで良かったと言います。

3歳まで自宅育児、3歳から幼稚園の延長保育プラス子育て支援制度を利用

出産を機に退職をしたMさんは、3歳までは自分の手で育て、その後就活をしながら保活をしていたそうです。

保育園の申し込み時に仕事をしておらず求職中であったせいか3歳児入園は叶わず、諦めて幼稚園に入園させましたとMさんは言います。

幼稚園に入園させたところで、小学校へあがるまでは仕事を諦めていたそうですが、良い仕事が見つかり、すぐにでも仕事がしたいと思ったそうです。

その時にママ友から聞いたのが幼稚園の延長保育で、「これは使えそう」と思ったそうですが、どんなに早くても18時にしか迎えに行けない仕事であったため、他に手はないのか探したところ、自治体でやっている「子育て支援制度」を見つけたとMさんは言います。

自治体がやっていたのは「ファミリーサポート」というもので、ファミリーサポートとは援助会員さんに夕方幼稚園に子どもを迎えに行ってもらい、そのまま援助会員さんの自宅で子どもを預かってもらうというものです。

夕方5時〜6時の1時間を援助会員さんに見てもらったことで、仕事ができるようになりましたとMさんは言います。

このように、保育園に入れなかったことにより、幼稚園に気持ちを切り替えたことで、仕事を諦めなくて済んだこともあることが分かります。

幼稚園の延長保育は、保育園に比べれば制限がある部分もありますが、仕事も育児も両方頑張りたいと思うママにとって活用できる制度に違いありません。

今年の保育園入園選考も激戦が予想されますが、諦めるのではなく、3歳以降であれば幼稚園にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

視野が広がることにより、ママ達の保活が少しでも楽になってくれることを願っております。