米国が北朝鮮を攻撃できない「もう1つの理由」

写真拡大

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

「言葉の戦争」が「軍事衝突」になる日

 激しい言葉の応酬が続いている。一方が「子供じみたロッケトマン*1」と茶化せば、一方は「おじけづいた犬」とやり返す。「言葉による戦争」はエスカレートしている。

*1=ロケットマンは、1972年のエルトン・ジョンのヒット曲。火星を目指して飛ぶ宇宙飛行士だが、帰還しても英雄扱いされないという話。

 「言葉」がいつ「軍事衝突」になるか。

 米国のドナルド・トランプ大統領は「炎と激怒」(Fire and Fury)で北朝鮮の完全破壊も辞さぬ姿勢を打ち出している。かたや金正恩委員長も一歩も引かぬ。

 まさに傍から見ると、「幼稚園の子供同士の喧嘩」(ラブロフ露外相)だが、これが続けば、次に何が起こるか分からない状況が続いている。

 トランプ大統領は、「軍事的選択肢にもいくつかある」と言明しているが、手の内は明かしていない。北朝鮮の「レッドライン」(越えてはならない一線)がどこにあるのか。米領グアムへの弾道ミサイル発射か、太平洋上での水爆実験か。

 ところが米国内でも国外でも「トランプ大統領は北朝鮮を完全に破壊する軍事攻撃には踏み切らないだろう」といったある種の「まさか」感がある。「北朝鮮もそこまでは米国を挑発しないだろう」との「楽観論」と表裏の話だ。

 米国が北朝鮮の核・ミサイル施設だけを攻撃する「サージカル・アタック」ですらできないとの説もある。ましてや「斬首作戦」(金委員長暗殺工作)はさらに厳しい。

 攻撃を仕かければ、北朝鮮の報復攻撃を受けて、米国の同盟国である韓国、日本が甚大な被害を受ける、だからやらない、という自信に満ちた(?)理由づけが日韓の常識的軍事専門家の間には根強い。

 その理由はさておき、米国が北朝鮮を攻撃できない最大の理由はほかにあるらしい。

 北朝鮮の核・ミサイル施設はほとんどが地下にあり、その正確な場所も規模も分からない。従って、「先制攻撃など、言うは易し、行うは難し」というのだ。

米情報機関総出でも分からない核・ミサイル施設

 政治サイト「ポリティコ」のジャクリーン・キルマス記者は、9月8日付の「米スパイにとって北朝鮮はブラックホールだ」という記事の中で軍事情報専門家数人の証言を引用している。以下の通りだ。

〇ダグラス・パール元大統領補佐官、国家安全保障会議(NSC)スタッフ

 「どこにあるか見える標的は攻撃できるが、見えない標的は攻撃できない。北朝鮮の核・ミサイル施設がどこにあるか、我々は闇の中を手さぐりで探しているようなもの。だから米情報各機関が収集した情報は錯綜している」

〇ブルース・クリングナー元米中央情報機関(CIA)幹部

 「北朝鮮は米スパイが侵入しづらい国だ。同民族の韓国ですら入りにくい。韓国人にとっては北朝鮮人の使う朝鮮語は方言が多すぎ、発音すら違う。北朝鮮はちょっとでもおかしな人間がやって来たとなると当局に通報をする。兄弟家族、親類縁者ですら信用していない」

〇ダン・コーツ国家情報局長官(DNI)

 「北朝鮮の情報を電子手段で探知・収集するのは極めて困難だ。というのも北朝鮮国内でインターネットアクセスや携帯電話は制限されているからだ。コンピューター・ネットワークも暗号化されている」

〇アンドルー・ピーク元陸軍情報将校、テキサス大学オースティン校クレメンツ国家安全保障センター上級研究員

 「スパイを潜入させるうえで北朝鮮は世界でも最も難しい国だ。中国やミャンマー、イランよりも入りづらい。国が完全に鎖国状態にあり、外部の者が入り込むスキもないのだ」

(参照=http://www.politico.com/story/2017/09/08/why-north-korea-is-a-black-hole-for-spies-242473)

 現在米国が外国を対象に行って諜報方法には、外国に侵入する人的諜報活動、電子機器による盗聴、サイバーによる諜報、スパイ衛星などがある。しかし最も重要かつ信頼できるのは人的諜報活動だ。つまり007のようなスパイである。

 北朝鮮にスパイを潜入させるのは至難の業とされる。したがって脱北者を対象にすることになるのだが、これが千差万別。

 生活環境や社会的地位、知的水準によって異なる。中にはできるだけ評価されようと見てきたような話を「脚色」する者まで出てくる。

人道支援活動停止は、スパイ潜入には痛し痒し

 そうした中で米国がこれまで北朝鮮にスパイとして潜入させる数少ない手立ては、米人職員になりすましたり、キリスト教を伝道する宗教家や観光客を「隠れ蓑」に入り込むことだった。

 トランプ政権は、北朝鮮に対する人的支援援助の打ち切りに踏み切った。だが少なくとも情報収集という点では痛し痒しらしい。

 人道援助活動という「隠れ蓑」に2012年1月から2014年半ばまでに北朝鮮に12回訪れていたDIA諜報工作員がこのほど『An American Spy Inside North Korea:U.S. Defense Intelligence(DIA) Operations Above the 38th Parallel』(北朝鮮に潜入した米スパイ:38度線北での米国防情報局作戦)という本を著した。

An American Spy Inside North Korea: U.S. Defense Intelligence Agency (DIA) Operations Above the 38th Parallel by Theodore Schweitzer Southeast Asia Rescue Foundation Publishing, 2017


 ページ数はなんと580ページ。著者が撮影したと思われる写真は350余点。

 北朝鮮というと、金正恩委員長、軍事パレードやミサイル発射の写真ばかりだっただけに、支援を受けた子供たちや支援受け入れ関係者、ピョンヤン市内・郊外の風景がふんだんに出てきて新鮮だ。

 著者はセオドア・シュワイツァー氏。国連職員として1980年代後半から90年代にかけてベトナムに駐在し、人道支援活動を行った。国連を辞めた後もハノイの残って。この時期にDIA幹部と知り合ったのが北朝鮮へDIA諜報部員として潜入するきっかけとなった。

 当時、DIAは北朝鮮に1人の人的資産(つまりスパイ)もいなかった。著者は表向きはあくまでも北朝鮮の子供や妊婦への食糧思念を行っている米民間団体の一職員として北朝鮮に入り込んだのだ。北朝鮮に潜入した「DIAスパイ第1号」だった。

 訪問するたびに訪問先、接触した北朝鮮政府関係者、食糧物資受け入れ担当者たちに関する情報をメモした。

 本を出すにあたっては、当然、DIAが原稿を精査、検閲しているはずだ。だから核・ミサイル開発など北朝鮮に関する機密情報らしきものは一切出てこない。

 著者によると、このメモはDIA最高幹部経由でバラク・オバマ大統領(当時)も興味深く読んだという。

厳寒のピョンヤンのエレベーターは作動せず

 著者はこう始める。

 「北朝鮮を初めて訪れたのは2012年1月、厳寒の候だった。投宿したホテルにはエレベーターはあったが電力事情が悪く動いていなかった。電力の75%を水力発電に依存する北朝鮮にとってダムが凍結することは電力供給停止を意味していた」

 「人道支援活動に携わるということで北朝鮮の関係者は著者を下にも置かなかった。どこへ行っても私は尊敬の念をもって迎えられた」

 「金委員長は2013年1月、元NBAスターのデニス・ロッドマン氏を招いて開かれた米朝バスケットボール親善試合に招待してくれた。招かれた米人は私を含め12人だけだった」

 「DIAの上司は『北朝鮮当局がお前がスパイ*2だと分かったら人生最大の不幸が待っている。言動には十分気をつけろ』と心配してくれたが、私にとって(かって駐在した)バンコクでタクシーに轢き殺されるよりもピョンヤンで射殺される方がよかった」

 「私は北朝鮮の人への憎しみもなければ敵意もなかった。会う人たちは皆私を温かくもてなしてくれた。スパイとしては甚だ複雑だった。私は彼らの信ずるチュチェ思想が理解できるような気がしてきた」

*2=北朝鮮当局は2009年以降、スパイ容疑で10人の韓国系米国籍牧師、観光旅行中の学生(釈放後米国内で死亡)などを拘束し、懲役刑(労働教化刑)で拘置している。

 著者の場合、北朝鮮に潜入して状況を探るはずだったスパイが骨抜きにされたような感じだ。

 特に掲載された写真のうち10枚以上は世話をしてくれた北朝鮮政府や団体の職員や外国人専用通訳兼ガイドの美しい女性たちとのツーショット。どうも「北朝鮮に潜入した米スパイ」というタイトルにしては拍子抜けな感がする。

 第一、本書の趣旨がよく理解できない。

 さすがに本書を読んだ読者の中には「この著者の北朝鮮べたべたぶりに吐き気が出た。途中で読むのを止めた」「知り合った北朝鮮の若い美女に大変な関心がおありのようでスパイとは言い難し」などとツィッターする者も出ている。

 それはともかくとして、本書を読んでいて気づくのは著者が12回北朝鮮を訪れ、歓迎されていたという事実。

 人道支援が北朝鮮にとって「生命線」であることがよく分かる。もっとも北朝鮮側は著者がスパイだったことを察知していたのか、どうか。本書を読んでよく分からない。

 金委員長は、2013年を境に強権路線に舵を切り、ナンバーツーで叔父の張成沢・国防副委員長を処刑するなど反対分子を次々と粛清し始める。

 その3年後には4回目の水爆実験、核弾頭爆発実験にそれぞれ成功し、核ミサイル開発を推進させる。核・ミサイル開発に自信をつけた金委員長は、それ以後反米スタンスを強めていく。

筆者:高濱 賛