「Apple Watch Series 3」と「iPhone 8」

写真拡大

「果たしてジョブズなら世に送り出しただろうか」

 新しいiPhoneが発表されるたびに常に巻き起こる議論である。稀代の天才、故スティーブ・ジョブズが世界中のデジタルライフを一変させて以来、我々が米アップルに求める商品には、常に高いハードルがある。

 特に今回、「Apple Watch Series 3(アップルウォッチ3)」がセルラー(通話・通信機能)を標準装備したことで、単体で通話機能を備えたモバイル端末としては、「iPhone 8」と「iPhone X」と合わせて短い期間に過去最高の3種類のアップル新商品が出揃う事態となった。少数の全製品購入者を除けば、三つ巴の選択肢に悩むところだろう。

 本記事は、今なお8とX、そしてアップルウォッチ3を天秤にかけている方に贈る、なかでも特に“旧態な”選択肢とされている8を選んだ理由と、複数の購入者から得たレビューである。

(1)ジョブズが愛したiPhoneデザイン

 今回、特に8とXを比較した際に大きな議論になるのは、物理的なホームボタンの有無だ。もはやセンサー的な観点ではホームボタンをスクリーンから独立させることに特に意味が無くなってきたとはいえ、10年以上にわたりファーストアクションの要として居座った、慣れ親しんだボタンが物理的に消えることは寂しい。そして、ユーザーにとっても大きな変化である。

 たとえば、Xのブラックアウトした画面を遠方から触るシーンを想像してほしい。そこには視覚的にはボタンの無い黒い盤面があるだけだ。そしてユーザーのアクションとしては、慣れ親しんだホームボタンを仮想で想像して、あるべき位置を目指す、といった動きになる。それは、無いものを慣れ親しんだ位置、つまり、iPhoneの歴代UIデザインに求める行為でもある。

 iPhoneの端末デザインは、2007年の誕生以来ずっと、四角いスクリーン(Square)とタッチボタンの円(Circle)の組み合わせで一貫していた。実はそれは、2001年の初代iPodから続くデザインの潮流でもある。

 ちなみに円のデザイン採用に関しては、『ゼン・オブ・スティーブ・ジョブズ』(ケイレブ・メルビー、ジェス3/集英社インターナショナル)によれば、ジョブズのZEN(禅)と東洋思想の「間」についての悟りから得たアイデアだったりする。その円デザインは、今回、宇宙船のようなデザインとして話題になったアップル新社屋 にも生かされた。

 その、ほかでもないiPhoneらしさ、iPodらしさ、ひいてはアップルとジョブズらしさを象徴するスクリーンと円の組み合わせが、物理的には放棄される(正確には、プロダクトラインとして放棄した製品が新たに分岐した)のが、今回の革新なのである。

 8は、そのターニングポイントで燦然と輝く、ジョブズが愛したかつてのiPhoneデザイン、アップルの黄金律というべきデザインの集大成なのだ。その安定感のあるデザインは、ほかと差別化されていて飽きないし、いつでも、安心して、円(ホームボタン)を目指してファーストアクションがとれる。変わらないものに、そしてジョブズが愛したデザインに価値を求める人にとっては、Xのデザインに移行する必要はない。

(2)記憶を切り取る装置としてのAR

 Xではない、昔のiPhoneデザインのままでいいならば、「iPhone 7」以前のモデルでOKとする人も少なからずいる。ではなぜ8以上でなければいけないのか――。

 まずは体験価値から考えてみる。

 もちろん、いわゆるカメラや処理速度などのスペック的なバージョンアップもある。だが、それ以上に大きな体験価値的な飛躍は、8でのAR(現実拡張)機能の向上だ。ARがレベルアップすると何が良いのか。それは、空間の記憶を切り取る機能が飛躍するということである。

 具体的に言うと、たとえば領収書を撮影する必要があった時に、空間把握の向上により、スキャンするレベルが旧来のモデルより高まる。カメラの向きや、領収書の置き方を工夫しなくても、そのまま領収書が置かれている空間的な位置や角度をカメラが捉え、記憶し、歪んだ形を自動補正して、かつてないクオリティで簡単にスキャンできるようになる。

 さらに、例えばIKEAのARアプリのような、買う前にカタログから自分の部屋に家具を AR配置するようなアプリを利用することで、8なら古いモデルより高いクオリティで空間認識して、何度も店を往復するコストや、商品を返品するリスクを減らすことができるかもしれない。

 現実空間を、より高いレベルで記憶として切り取る行為は、そのようにかつてない、便利で快適、そしてお得な顧客体験価値を生む。いまだ開発中のARアプリ群が、驚くような楽しい未来を、8ユーザーに魅せてくれることだろう。その体験価値を楽しむために、旧来の端末ではなく8以上である必要があるのだ。

(3)コードという煩わしさからの解放

 もうひとつ、7以前のモデルでOKとする人に向けて、8以上でなければいけない大きな理由。それは「コードレス」という革命である。

 今回、8で初めて充電がコード接続から解放された。すべてのiPhoneユーザーが毎日毎日差し込んでつないでいた、「あの配線からの解放」である。

「それくらい、苦ではないから古い端末で構わない」というユーザーもいるだろう。だが、一度でもこの「置くだけ充電」を味わうと、もう引き返せなくなる。それは、一度コードレスになった便利な天井照明を味わった人が、わざわざ天井にぶら下がる照明コードを求めないのと同様、シンプルな快適さによる「煩わしさからの解放」には叶うものがないのである。

(4)ゴールドと「末広がり」な縁起性

 今回、8購入者複数名にヒヤリングを行ったところ、特に女性からの声で多かった購入理由が、「ゴールド色の有無」、そして「縁起」だった。

 Xには、残念ながらゴールド色はない。その一方で今回、8にはゴールドのカラーバリエーションがある。さらに色味的には、7ではゴールド派だった人、ローズゴールド派だった人、その両方にとって気になる折衷的な色合いのゴールド色になっている。

 また、8は数字的に中国でもっとも縁起が良いナンバーであり、日本でも「末広がり」なラッキーナンバーだ。ラッキーナンバーとゴールド色の組み合わせは、スピリチュアルな縁起を担ぐ方にとっては、これ以上の魅力的なモデルはない。

●まとめ

 7以前のiPhoneから、8以上に買い換える大きな理由としては、AR機能の拡充と充電のコードレスがある。これは、もはや引き返せない新しい魅力的な体験価値と煩わしさからの解放である。

 そして、Xにはない8ならではの魅力としての旧態デザインの価値、そして色と縁起というスピリチュアルな形而上的価値がある。

 我々はあまりに、稀代の天才が生み出す新しい刺激に慣れすぎた。そのイノベーションを率いたジョブズが残した最後の潮流、世界を席巻したセクシーなセックスアピールのあるiPhoneデザイン、そのアップル黄金率の集大成が、8の魅力なのである。

 依然としてセクシーなデザインを誇るiPhone。その8の購入を検討している方への後押しとして最後は、iPhoneのデザインをこよなく愛した故スティーブ・ジョブズ自身の言葉で締めるとしよう。

「世の中、セックスアピールの無い製品ばかり。クソ喰らえだ」(スティーブ・ジョブズ)
(文=VJ_TAKUMA)