勝利したバルセロナ【写真:Getty Images】

写真拡大

【スポルティングCP 0-1 バルセロナ チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節】

 現地時間27日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節の試合が行われ、バルセロナはポルトガル1部スポルティングCPのホームに乗り込んで対戦。相手のオウンゴールが決勝点となり、バルセロナは1-0の勝利をおさめている。

 前半からチャンスを作り出すバルセロナだが、相手の堅い守備に阻まれなかなか先制点を決めることができない。それでも49分、フリーキックから得点が生まれる。ゴール前で競り合ったルイス・スアレスが頭で反らすと、相手に当たって軌道が変わりボールがゴールに吸い込まれた。

 続く57分にはリオネル・メッシに決定的なチャンスが訪れる。しかし、スポルティングCPのジェレミー・マテューが必死のディフェンスでボールをクリアしシュートを打たせなかった。

 すると71分、今度はスポルティングCPにショートカウンターから決定的なチャンスが訪れるが、ブルーノ・フェルナンデスの放ったシュートはGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンが防ぐ。結局、リードを守りきったバルセロナが1-0の勝利をおさめている。この結果、初戦のユベントス戦勝利(3-0)に続きCL2連勝となった。

【得点者】
49分 0-1 オウンゴール(バルセロナ)

text by 編集部