PSG、高額3トップが躍動…ネイマールとカバーニ揃い踏みでバイエルンを3発粉砕/CLグループB第2節

写真拡大

■CL第2節 パリ・サンジェルマン 3-0 バイエルン・ミュンヘン

パリ・サンジェルマン:ダニエウ・アウベス(2分)、カバーニ(31分)、ネイマール(63分)

バイエルン:

チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節が27日に行われ、パリ・サンジェルマン(PSG)とバイエルン・ミュンヘンが対戦した。

ともに初戦を無失点で勝利したチーム同士の一戦。PSGは直前のリーグ戦を欠場していたネイマールがスタメン、アンヘル・ディ・マリアがベンチ入り。一方で、ハビエル・パストーレはメンバー外となった。

バイエルンは守護神マヌエル・ノイアーを欠きながら、それ以外はベストメンバーを並べ、ニクラス・ズューレ、ハビ・マルティネス、トーマス・ミュラー、ハメス・ロドリゲス、ロベルト・レヴァンドフスキらがスタメン入りした。

試合は、強く圧力をかけたPSGが電光石火の先制パンチを見舞う。2分、ネイマールが左サイドから持ち出し切れ込んでいく。バイエルンは多くの選手が前に立って対応するも、ネイマールは引きつけながら逆サイドのダニエウ・アウベスに展開。フリーのアウベスはGKスヴェン・ウルライヒの股を抜くシュートを叩き込み、先制に成功する。

思わぬ先制点にも浮足立つことなくバイエルンは、ネイマールがあまり守備に参加しない右サイドを突いていく。ミュラーが中央、ヨシュア・キミヒがサイドの幅を取り、連携してボールを中央に送っていく。

しかし、好機を活かすのはカウンターからチャンスを作ったPSG。31分、アウベスのパスに抜け出したペナルティーエリア内右でキリアン・ムバッペがタメを作ると、エースのエディンソン・カバーニへパス。カバーニが右足でニアを射抜く。シュートはウルライヒの手の届くところに飛んでいたものの、セーブすることができなかった。

バイエルンはその後、再びボールをキープするものの、ゴールは奪えず。1点を返すことはできず、PSGが2点リードで前半を折り返す。

何とか流れを変えたいバイエルンは、ハメスに代えてキングスレー・コマン、コランタン・トリッソに代えてセバスティアン・ルディを投入。

しかし、前半からそれほどスタイルに変化の見られなかったバイエルン相手にPSGは落ち着いて対応。前半から続く、プレスから素早いカウンターで、決定機を創出していく。

すると63分、ムバッペが右サイドでボールを持つと、巧みなテクニックで対面のアラバを突破。クロスはハビ・マルティネスに防がれるが、こぼれ球をネイマールが押し込んでPSGが3点目を挙げる。

バイエルンは最後まで崩すための最後の一歩が足りず、試合は終了。PSGが前線の圧倒的な破壊力をもってして強豪バイエルンを粉砕。ネイマール、ムバッペといった高額で加入した選手たちが、何を求められてやってきたかを完璧に示す試合となった。