日本屈指のビジネス街、丸の内。そこで働くサラリーマンは無論ハイスペック。しかし、丸の内のエリート=人生勝ち組っていうのは一概には言えない。

例えば、3度の転職に結婚生活の終わり、それでもエリート然として働いている、そんなおじさんもこの街には多いという。

港区おじさんと比べて、出自は明確。
キャリアに自信があるから、話の中での「俺含有率」はかなり高め。話は間違ってはいないが、ものすごく面白いことは滅多に無いという。

今回は、そんな丸の内おじさんのライフワークを物語仕立てでご紹介。



【PROFILE】東京都出身の44歳。慶應義塾大学卒(在学中に米国へ留学)。卒業後、外資系金融企業に就職。香港、シンガポール駐在を経て2年前に帰国。昨年から独身となり同時期に日系証券会社に転職

お気に入りの丸の内OLから飲みのお誘い。進展はあるか?

独りメシが苦手だから部下を誘うこともある。ミスをした新入りと『TAMA』で飲む。あんまり教えてやれることはないけど、陽気に飲んで奢ることはできる。

追加で「ジャージャー麺」を頼んだところ、かねてから気になっている丸の内OLから着信。「今から新丸ビルで飲みませんか?」だって。

料理は部下に任せて即移動。あれ、ひとりかと思ったら友達もいる。

「前の奥さんとダメになっちゃった理由は?」



でた、バツイチ男が避けられない質問。

「香港とシンガポールから日本に帰ってきたら、逆に奥さんと価値観が合わなくなっちゃって」

さり気に元外資の駐在経験を差し込む。

「そうそう、この『酢重ダイニング』って、シンガポールにも店があってよく行ったんだ」

旨い和食を欲している時にはちょうどよかった。

「俺は元外資で元奥さんがCAだったから」

彼女とはそんな話で盛り上がったけれど、次の約束はとりつけられずに3週間が経つ。

独身になると外食が増えたせいか出費が増えた。しかしいつでも気風だけはよくいたい。今晩の『文史郎』での部下との飲みも全部払った。

みんなで楽しい時間だったからいいんだ。ただ22時と早めに終わってまだ飲みたりない。そんな時、自然と足が向くのが『ロイヤル バー』。


丸の内おじさんを癒やしてくれる名門バー




夜深めのマティーニが、おじさんの身体に染みる

バーに入るとなじみのバーテンダーさんが品のいい笑顔で当たり前のように出迎えてくれた。バーっていい存在。話は聞いてくれるし、スケジュールも合わせなくていいし、携帯見てても怒られない。そして独りにしない。

マティーニを飲みながら、例の丸の内OLにLINEをしてみようかと考え、最後のやりとりを開けてみた。

爛屮蹈奪灰蝓爾辰堂進茹でたらちょうどいい?

ジムに行ったあと珍しく自炊を思いたった日。既読のまま返事はない。

「ねえ、ブロッコリーって何分茹でるもの?」

目の前にいたバーテンダーさんに聞いた。

「硬めが好きなら2分くらいじゃないでしょうか」



話をしてるとマティーニの味に丸みが出てきた。あの冷たいひと口めをもう一度味わいたくなった。気づけばオリーブのピンを3本扇形に並べていた。

「『アパートの鍵貸します』みたいですね」

そのピンにバーテンダーさんが気づいてくれた。

「わかる? あのシーン好きなんだ」

部屋を愛人との密会用に時間貸しする主人公がマティーニを飲みながら待ちぼうけしてカウンターにピンを並べるシーンがある。

「はい、夜が深い感じが出ていますよね。ところでもう24時で、今日は閉店に……」

あと9時間もしたらまた丸の内を闊歩して出社。朝のピリっとしたあの街の空気感、実はマティーニと同じくらい好きなんだ。


丸の内おじさんの行きつけリスト


丸の内おじさんの行きつけはここだ!

部下に慕われ、女性にモテる、そんな甲斐性のある男を目指す丸の内おじさん。数十年後の“上質を知り尽くした白髪ダンディ”を目指しつつ、今夜も馴染みの店に腰を落ち着ける。




『BIOワイン&フード TAMA』
シェアが基本のボリューム料理と飲み疲れないビオワインで陽気な夜を

今夜は部下を激励、男同士の話でも。そんなときは、緊張感を誘う趣ある店より、賑やかな店で会話を弾ませたい。オープンキッチンのここ『TAMA』は、下町居酒屋のような活気と気さくさが最高だ。

壁にはワインボトルがびっしり。世界各国から集めた約200種のボトルワインは¥2,500〜とリーズナブルで、3分の2がビオワインだ。

味よく軽やかで体に負担の少ないそのワインに、シェア前提のボリューム中華に沖縄テイストも加味された同店のメニューがよく合う。

素材を厳選し、手作りにこだわる、家庭料理生まれの料理とワインが、部下との距離をグッと近づける。



「骨付きラム トマト煮込み」(¥1,680)。同店の軽やかなワインと料理がぴたりとハマる。



パクチーが主役の「名物パクチーサラダ」(¥880)が、ビオワインの穏やかな味わいを引き立てる。



麻婆豆腐やエビチリもあれば「ゴーヤチャンプルー」(¥780)もあるといった具合で、ジャンルもバラエティも豊富でメニュー選びでも盛り上がれる。





『旨酒・料理 酢重ダイニング』
200年の年月に磨かれた味噌、醤油。和食の良さを再発見する

文政十年、信州小諸で味噌蔵として創業した酢重。伝統を受け継ぎ昔ながらの製法で和の調味料を作り続けている。その味を存分に堪能できるのが『酢重ダイニング』だ。こだわりの素材を使い、シンプルな調理法で勝負する。

おすすめは独特の歯応えが癖になる「くらかけ豆」(¥500)。日本酒と一緒にご賞味あれ。締めは銅釜でふっくら焚いたごはんに出汁の効いたお味噌汁。

「やっぱり和食が一番」と心から思うに違いない。自由に持ち帰れる「酢重レシピ」を参考に、調味料を買って家で再現すれば、家族から賞賛を浴びること請け合いだ。



3種の信州味噌を食べ比べできる「新鮮野菜の盛り合わせ 酢重のお味噌添え」(¥1,380)。



「銀ダラの味噌漬け焼き」(¥2,200)は特製味噌の上品な甘さが広がる。体をいたわる美味しさが堪能できる名店だ。



「豆腐カツの田楽」(¥920)は北信濃の郷土食で、上に載っているのは黒豆麹でつくった醤油豆。香ばしく木綿豆腐との相性が抜群。


丸の内の夜を締めくくるにぴったりな人気店




『東京和食 文史郎』
東京五輪を前に、東京和食を世界へ。東京を心底愛する料理人による和食店

今夏、8月23日に丸の内の深夜を盛り上げている「丸の内ハウス」にオープン。内装も料理も洗練された和食店は、女性はもちろん、同僚との食事にももってこい。

とりわけ同店は、東京の野菜や食材を中心に使い、その美味しさを東京に、地方に、世界に知らせたいと、“東京和食”というコンセプトを打ち出したおもしろい店なのだ。

豊富な和酒とともに、職人の技、和食の粋が味わえる、居酒屋とは異なる大人の空間で、料理人の新提案に刺激され、攻めの姿勢を取り戻すのもいいかもしれない。



東京のトマトをまるごと使い、爽やかな酸味を楽しませる「東京とまと肉じゃが」(¥880)。



白い出汁が椀に映える「雲丹のクリーム出汁茶漬け」(¥1,480)。東京産の牛乳を和出汁と合わせた、あっさりクリーミーな一品。



「東京ブラッディメアリー」(¥780)は、日野のフレッシュトマトをふんだんに使った一杯。旨みのなかに辛みあり。





『ロイヤル バー』
シンプルなドライマティーニに、バーテンダーの哲学や自分の心が溶ける

背筋を伸ばしたくなる重厚感と静謐さ。そんな空間とは裏腹に、腰を落ち着けると、くつろぎと安らぎを与えてくれるカウンター。

パレスホテル東京の1F、喧騒から離れて一人の時間を楽しめる『ロイヤル バー』が、かつて「Mr.マティーニ」と呼ばれた名バーテンダー・今井清氏設計のカウンターとともに復活して久しい。

タパスやピラフ、サンドウィッチなどの食事もあり、部下をいたわってやったり、まだ遠い我が子の成人の日に、少し大人の嗜みを教えてやるのも、いいかもしれない。



仕事がうまくいった日などは、ここの「ドライマティーニ」(¥1,600)を傾けるような、自身へのご褒美があってもいいだろう。



昔から受け継がれるデミグラスソースベースの出汁で炊く「シーフードピラフ シャトーソース」(¥2,500)は必食のひと皿。



ゆっくり飲みたいときのつまみは、「エスカルゴのブルギィニョン ガーリックとパセリ風味のバター」(¥1,850)がおすすめ。




本日発売の月刊誌「東京カレンダー11月号」は一冊丸ごと、丸の内特集!

「丸の内」の裏の顔、すべて見せます!


丸の内の裏側で起こっている人間模様のすべてが、最新号「東京カレンダー11月号」に!

丸の内ビジネスマン、OL必携の一冊!この街の最新情報が分かる、保存版・丸の内パーフェクトバイブルだ!

・丸の内ワーカーのリアルな「夜の過ごし方」
・丸の内の「名店」が超一流である理由
・丸の内「OL図鑑」
・丸の内エリートの「行きつけリスト」

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は9/21(木)!!