「銀座」で行きつけの店を作りたい、そう思い始めたらまずは銀座1丁目〜3丁目がおすすめだ。

京橋の首都高高架下から、松屋銀座あたりまでのエリアは、銀座なのにリーズナブルで肩肘張らずに入れる良店がたくさん。

銀座だからもちろん上質で、しかも安くておいしいなんて、これは行かない手はない!



「仔羊のペルシャード風」(¥3,800コースのメインの一例)。香草パン粉をまぶして焼き上げた仔羊の背肉のロースト
最先端のパリを感じられる大人のためのネオビストロ『プティ オザミ』

正統派のフレンチを都内で多数展開するオザミ ワールドが、銀座1丁目に所有する地上10F地下2Fの自社ビルの1F〜4Fに、新たな店舗となる『プティ オザミ』を2015年にオープンした。

“大人のためのネオビストロ”をコンセプトに、料理やワインはもちろん、内装からスタッフのコスチュームにいたるまで、最先端のパリを意識して徹底的にこだわっている。

細い路地に面したテラス席にはパリの開放的な気分が漂い、吹き抜けを多用した明るい店内のそこかしこには、新たな発見が溢れている。



「ずわい蟹と帆立貝のタルタル トマトのクーリ」(¥3,800コースの前菜の一例)。見た目にも美しい、冷製仕立ての華やかなオードブルだ

平日昼間の時間帯には、¥1,200(税別)から手軽にランチメニューが楽しめるほか、昼下がりの銀座でゆっくりしたひとときを過ごしたい、というニーズにも応えるため、アルコールメニューも充実させる。

夜には旬の素材を生かしたオードブルとメインが6種類ほどから選べるディナーコースが、¥3,800(税別)というまさかの低価格で味わえ、お好みでスープやメインを追加注文できるというのも心憎い。

特筆すべきは、同ビルの地下2階を丸ごと使ったワインカーブ。なんと1万本以上のストックから数百種をリストアップするという。希望すれば案内してくれるそうなので、ぜひ!




元祖オムライス¥1,300。ご飯と卵が一体化しているのが特徴。賄いの食事からメニューに転じた
銀座洋食の歴史を作り続ける老舗店『煉瓦亭』

明治28年の創業で、洋食屋の草分けとして全国にその名を知られる『煉瓦亭』。

カツレツを生み、付け合わせにキャベツの千切りを添えたのもこの店の発案。ほかにも、ハヤシライスやオムライスなど、今では誰もが親しむようになったメニューの起源には必ず『煉瓦亭』の名が挙がる。

『煉瓦亭』といえばポークカツレツが有名だが、人気を二分するのが、もとはイ泙ない食イ世辰燭箸いΩ義張ムライス。健啖家として知られる池波正太郎はカツレツを食べ、日本酒やウイスキーを飲み、〆にオムライスをオーダーすることもあったとか。



ポークカツレツ¥1,300。天ぷらの技を応用し、たっぷりの油で揚げることを考案した逸品。文句なく旨い

新しい食文化の発祥地として、つねに時代の先端を走り続ける銀座。
長きにわたり多くの人々に愛されてきた美味が銀座の“今”を形作っている。




「カナダ産仔牛ハラミ肉のアミ焼きエシャロットソース」※仕入れ状況による
リーズナブルにフレンチとワインを
『パリのワイン食堂』

オードブル、メイン、デザートのコースが¥2,980から楽しめる店。驚きの価格に加え、オードブルとメインはそれぞれ10種類以上から選べるのも嬉しい。

ワインもリーズナブルで、かつリストには常時約60種類がそろっている。平日の1,000円日替わりランチも大人気だ。

アットホームな雰囲気の中で、パリそのままのフランス料理とワインをお得に楽しもう!



オードブルの定番「田舎風テリーヌサラダ添え」※仕入れ状況による



常ににぎわっている活気ある雰囲気も魅力だ


いまから行きつけにしたい若手大将の絶品寿司はこちら!



店主の高橋潤氏
銀座で行きつけ寿司を作るなら!『鮨たかはし』

「銀座のカウンターで一流の寿司」という高い敷居。でも、大人ならいつかは行きつけの店を作りたいもの。その第一歩が踏み出せずにいる人も多いのでは?

そんなあなたには、若き店主がオープンさせた『鮨 たかはし』がイチ押しだ。

しっかりと銀座の品格と、初めてでも入りやすい気軽さを兼ね備える、若き名店の魅力を紹介しよう。



「つまみと握り おまかせ」(1人前18,000円)

ミシュラン三つ星『鮨 さいとう』で修業を積んだ高橋潤氏が、なんと27歳で開業。

しかし、カウンター寿司ビギナーのお客としてはずっしり構えた大将に迎えられ、緊張しながら味わう寿司より、若き店主のほがらかな笑顔の元、じっくり寿司を楽しめるのは嬉しい限り。カウンター寿司初挑戦への希望が見えてくるはずだ。



(写真手前)「毛ガニ、うにのつまみ」。(写真奥)長崎県産のあかむつを使用した「あかむつの酒蒸し」はさっぱりした味わいが嬉しい

『鮨 たかはし』のコースは、まずおつまみから開始。

『鮨 さいとう』でもつまみを担当していたという高橋氏が作り出すつまみは、どれも旬の食材の味を最高の状態で味わうことができる品ばかり。

新鮮な魚貝は鮨で食べて欲しいという想いからつまみでは刺しは出さないのも彼のこだわりのひとつである。



(写真左上から)岩手県産の「中トロ」、京都舞鶴産の「アジ」、岩手県産の「マグロ赤身」、津軽海峡産「うに」、対馬産の「穴子」

銀座のカウンター寿司といえば、同伴利用というワードも頭をよぎり、ちょっと大人過ぎる空間が目に浮かぶ。

だが『鮨 たかはし』では、高級クラブエリアの8丁目から離れた銀座1丁目にあるため、同伴利用が少なく、純粋な寿司好きが集まってくるのだという。

銀座という土地で、行きつけのカウンター寿司を探しているなら、今からこの店に通いつめるべきだろう。




千葉さんのカツレツカレー¥1,400
名野球選手の一言で生まれた老舗洋食店の元祖カツカレー『銀座スイス』

銀座では基本といえる、昭和22年創業の洋食店がここ。名物は、元巨人軍の故・千葉茂氏のリクエストから生まれたカツカレーだ。

たっぷりの野菜をすりおろしてじっくり煮込んだカレーと洋食店の上品なカツレツというゴールデンコンビは、世代を超えて愛され続けるのも納得の味だ。




オリジナルガーリックハーブバターのコクと、数種類の香辛料が生きている『プリプリ海老とマッシュルームのアヒージョ』
銀座でディナーなのにふたりで1万円!
スペインバル『バル デ エスパーニャ リブラ 銀座』

赤と黒で統一された手前側の空間にはテーブル席とカウンター、その奥にはゆったりしたダイニングが現れ、雰囲気は抜群。

なおかつ、パエリアやパスタを2人前サイズで提供するなど、2人客への配慮も万全だ。

スペイン風オムレツを本来のポテトの代わりにサツマイモなどの季節野菜で作るなど、独創的なアレンジも楽しい。

ワインは500円前後のグラスが6種、ボトルも均一価格で色々揃う。緊張しそうな銀座デートでも、ここなら安心してエスコートできそう!



オリジナルガーリックハーブバターのコクと、数種類の香辛料が生きている『プリプリ海老とマッシュルームのアヒージョ』¥700



こちらは具沢山でサイズも選べる『特製パエリア』レギュラーサイズ¥2,600


絶品肉料理も、銀座だけど安くておいしい店があるんです!



「うにく」。 コースの一例
隠れ家&特権感も満載で勝負デートにもぴったり!『肉割烹かがやき』

上質な焼肉としゃぶしゃぶの食べ放題で知られる三ノ輪の肉割烹『かがやき』が2015年10月、銀座の路地裏に進出。こちらも本店のシステムを踏襲した完全予約制。

予約時にそれぞれの客の好みを確認したうえで、当日仕入れた食材を使ってその日一番美味しい料理を提案してくれる、オーダーメイドの割烹だ。



店内安定の有名焼肉を銀座で

カウンター10席のみの隠れ家的な雰囲気が魅力の1Fでは肉と魚尽くしのコース料理を。

2Fではしゃぶしゃぶと海鮮しゃぶしゃぶ食べ放題も楽しめるカジュアルさが人気!




名物の「サブトン」は、さっと炙ってタレをたっぷりつけたあと、黄身がつまめるほど新鮮な卵にくぐらせて白米とともに
やっぱり安定の美味しさとサービスが嬉しい!
『焼肉うしごろ 銀座店』

『USHIGORObambina』や『TEPPANbambina』、『うしごろ貫』など、昨今様々な業態で店舗を増やしている『うしごろ』の銀座店。

安定感のある知名度に加えて、銀座という土地の高級感が華を添える。それも2階建て1棟店舗という贅沢さ!

そんな銀座店で堪能したいのは、やはりA5ランクの国産黒毛和牛ならではの生肉メニュー。

同じ『うしごろ』ブランドの西麻布店でもコースでなければ食べられない黒毛和牛のタンが、アラカルトで、しかも厚切り、タンしゃぶ、タン先など様々なバリエーションで楽しめる。




仔羊のすね煮込みは一度煮込んだ仔羊に最後、香味油をかけて仕上げた一品
肉好きのあの子と!肉料理自慢のビストロ
『イバイア』

ここ『イバイア』は、目立たぬ狭い路地沿いにありながら、肉好きたちがこぞって通うオアシス。

店の戸を開けば、カウンターでステーキを食べる女性のひとり客もいれば、仔羊の煮込みをシェアするカップルなどさまざま。

こちらはバスク料理の定番を押さえた気軽なビストロで、その肉力の高さで話題。メニューの中心となる自慢の肉料理は、飾り気がなくあくまでもシンプルだ。

噛むほどに口中にジューシーな旨みが広がる、肉好きにはたまらないボリューミーなメニューが満載だ。牛もいいが鴨肉も内臓も捨てがたい。肉好きにとってこの店の存在は、なんと有難いことだろう!



牛のヒレカツは揚げ物なのに衣が極薄でヘルシー。油で煮るように揚げているのでジューシーかつ柔らかい!



内観


安くて旨い!行きつけにしたい店はこちら!



「土鍋ごはん膳」1,480円
おかわり必須!オリジナルの土鍋ご飯と絶品お供『AKOMEYA厨房』

銀座駅から徒歩3分の『AKOMEYA厨房』では、全国各地から厳選したお米を自家精米し、オリジナルの土鍋で炊き上げた絶品のごはんが味わえる。

中でもごはんそのものの味を一番贅沢に味わえるメニューが、日替わりのお米を相性抜群のご飯のお供と一緒にいただく「土鍋ごはん膳」。



提供されるお米は日替わり。この日のお米は秋田県産の「つぶぞろい」

1人前1合と結構なボリュームがありながら、ご飯泥棒のお供があるから女性でもペロリと食べられてしまう。

この日のお米は秋田県産の「つぶぞろい」。粒が大きくふっくらしていて柔らかい食感が特徴。

粘りや味、香りがあっさりとして口当たりが良いから、そのまま食べても旨いのだ。



選べるご飯のお供は、さんまぼろぼろと鮭フレーク

選べるご飯のお供は、さんまぼろぼろ、明太子、じゃこ山椒、海苔梅、梅の実ひじき、こだわり卵、とろろ、鮭フレークの中から2品を選べるスタイル。

どうしても2種類選べない時は1品200円で追加もできるからご安心を。



ご飯を堪能する時に必須のお漬物と味噌汁はセットで付いてくる

お米を生鮮品として扱うこの店だからこそ味わえる、ふっくらつやつやの炊き立てご飯の味。
日本人なら一度は訪れるべし!




銀座の真ん中で昼間から呑んだくれ『大衆割烹 三州屋』

1968年オープンの、銀座界隈ではおなじみの魚の旨い店。ランチから通しで営業しているため、昼から新鮮な刺身をつまみに一杯いくサラリーマンもちらほら。

手際の良いスタッフのおばちゃんたちが、ボリューム満点の新鮮なお魚を飲み食いさせてくれる。

島豆腐や、豚の角煮などどこかなつかしいお惣菜の数々は、日頃の疲れを忘れさせてくれる優しい味がする。そんな癒しを求めて連日大盛況の酒場だ。





通常は開くが丸のまま提供する「マルハツ」、オリジナルの「胸の肝巻き」、1串に8〜9羽を要する「ツナギ」、弾力のある「ふりそで」。焼き鳥コースに組み込まれる場合があるほか、在庫があれば追加オーダーすることも
無菌鶏と和食の技が生む絶品串
『たて森』

東銀座の人気の焼き鳥店がこちら。和食の料理人出身であることが、たたずまいにも焼き鳥にも投影されている。

建守 護氏は、焼き鳥の主流には反して、雌のみを使い、もも肉などはブロックの状態で焼いてからカット。さらに、『たて森』だけのために育てられる兵庫県産の無菌鶏「高坂和鶏」を採用する。

「胸の肝巻き」は、白レバーが程良い熟成を迎えた時にしか出さない逸品で、フォアグラのようなとろみが印象的。

食材、ワイン、内装、全てのこだわりが三位一体となった人気店。その味を一緒に味わう幸福が、二人の距離を近づかせてくれるはずだ。



だし醤油でいただく上品な「生つくね」