Appleは現地時間9月27日(日本時間28日)、iOS11の初のベータ版となるiOS11.1ベータを開発者向けにリリースしました。

マイナーな新機能追加の可能性も

Appleは日本時間9月20日にiO11を正式リリース、27日にはバグを修正したiOS11.0.1をリリースしています。米メディアMacRumorsは、iOS11.0.1からiOS11.1へと小数点1つぶん違うということは、通常のバグ修正や機能向上に加え、何らかの新機能(おそらくマイナーなもの)が追加されている可能性があると指摘しています。
 
大幅なデザイン変更が行われ、数多くの新機能が追加されたiOS11ですが、追加されることが発表されてはいるものの、現時点ではまだ使えない新機能の一部が、iOS11.1ベータで追加されているかも知れません。
 
たとえばAppleは、iMessageとApple Payによる個人間での送金機能Apple Pay CashがiOS11で追加されることを明らかにしています。
 
なおiOS11のインストール率は、公開後約1週間で25%に達しています。

ほかのOSのベータ版もリリース

AppleはiOS11.1ベータと同時に、watchOS 4の初のベータ版watchOS 4.1ベータ、tvOS 11の初のベータ版tvOS 11.1ベータも開発者向けにリリースしています。
 
また日本時間26日に正式リリースしたばかりのmacOS High Sierraの初のベータ版macOS High Sierra 10.13.1ベータも開発者向けに公開しており、こちらはKeychainに保存されているユーザー名とパスワードの情報が盗み出される危険性が高い脆弱性を修正している可能性があります。
 
 
Source:Apple,MacRumors
(lunatic)