小池都知事は25日午後に開かれた会見で突如、若狭氏らが結成する新党名が「希望の党」に決定したと発表、さらに自身が都知事と兼務で代表に就任すると宣言しました。これにより、次期衆院選の流れが大きく変わるのは必至です。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で国際関係研究者の北野幸伯さんが、安倍総理と一部重なる部分もある「希望の党」にどれほどの票が流れるかも含め、選挙戦について詳しく分析しています。

希望の党の政策と戦略

小池さんが25日、「希望の党」を立ち上げました。この党の政策と戦略は、どうなのでしょうか?

今までにわかっていることを書きます。

まず、希望の党は、「憲法改正」に賛成である。安倍総理と同じですね。次、「消費税再引き上げ」に消極的である。

消費税率10%への引き上げについては「まだ実感が伴っていない景気回復を解決しなければ、むしろ水を差す恐れがあるのではないか」と述べ、消極的な考えを示した。

(時事 9月25日)

これは、安倍総理と違いますね。総理は、消費税を引き上げると断言しています。次、希望の党は、「脱原発」である。これも安倍総理と違います。総理は、「原発容認」です。

というわけで、安倍総理と小池さんの同じところと違うところは?

まず同じところ。

小池さんは、「希望の党は保守だ!」と宣言している。安倍さんも保守。小池さんは、改憲を支持している。安倍さんも改憲推進。

違うところ。

小池さんは、消費税引き上げに消極的である(もっとはっきり「反対だ!」と宣言するべきでしょうが)。安倍さんは、消費税再引き上げに賛成である。小池さんは、脱原発である。安倍さんは、原発容認である。

で、どうなる?

小池さんは、「保守」で「憲法改正支持」である。これは、安倍さんと変わりません。それで、「最近まで安倍さんを支持していたが、森友・加計問題で幻滅した保守層」が、希望の党に流れる可能性がある(狙いがある)。

さらに、小池さんは、「消費税再引き上げに反対」である。安倍総理を支持していた有名人で、「消費税引き上げに反対して離れた人」は、たくさんいます。昔の総理支持者で、「消費税再引き上げに反対」の人たちが、小池さんに走る可能性があります。

小池さんは、「脱原発」である。安倍さんは、「原発容認」である。これは、「保守層」だけでなく、「リベラル票」も稼ごうと。ちなみに、小池さんは、いまや「脱原発派のトップ」になった小泉元総理と会っている。小泉さんが、積極的に動きはじめれば、これも大きな追い風になります。

こう見ると、希望の党が票を奪うのは、

自民党民進党日本維新の会

でしょう。特に、民進党は壊滅的打撃を受けそうです。固定票の多い公明党と共産党は、あまり変わらないでしょう。

小池さん、最大の戦略

そうはいっても、国民の大半は、「政策」を吟味しないかもしれません。要するに、今回の選挙は、「安倍さんか小池さんか?」ということですね。そういう構図にしたのは、もちろん小池さんです。そう、小池さんの戦略は、国民の頭を

「安倍 対 小池」

にしてしまうこと。安倍さんは、森友・加計問題で傷を追い、長期政権で飽きられてきている。しかし、小池さんには、まだまだ勢いがある。(それで、続々と希望の党に人が集まってきている)。

流れは「希望の党」にありそうです。第2党は手に届くところにありますね。第1党も可能性はありそうです。

ちなみに私は、「外交」「安全保障」の実績から、安倍総理の続投を願っています。

image by: 首相官邸

出典元:まぐまぐニュース!