インテルにCBクライシス! 若手DF負傷で3人体制に

写真拡大

▽インテルのU-21ベルギー代表DFジーニョ・ヴァンヘウスデンがヒザのケガで長期離脱を強いられる見込みだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

▽『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の伝えるところによれば、ヴァンヘウスデンは26日に行われたUEFAユースリーグのディナモ・キエフ戦に出場した際にヒザを負傷。担架に乗せられてピッチを後にした同選手は、その際に涙を浮かべており、正式な検査結果は出ていないものの、長期離脱を強いられる可能性が高いという。

▽なお、今夏の移籍市場でMFガリー・メデル、DFジェイソン・ムリージョの2選手を放出した一方、獲得選手はDFミラン・シュクリニアルの1人にとどまったインテルは、現状センターバックを本職とする選手がDFミランダ、シュクリニアル、DFアンドレア・ラノッキアの3選手のみ。DFダニーロ・ダンブロージオがセンターバックでもプレー可能なものの、ヴァンヘウスデンの離脱は大きな痛手となりそうだ。