ブライトンFWヘメドに3試合の出場停止処分! ニューカッスル戦での踏みつけ行為が処分対象に

写真拡大

▽イングランドサッカー協会(FA)は27日、ブライトン&ホーヴ・アルビオンに所属するイスラエル代表FWトメル・ヘメドに3試合の出場停止を科したことを発表した。

▽ヘメドは、24日に行われたプレミアリーグ第6節のニューカッスル戦にフル出場し、51分に決勝点を挙げ、チームの1-0の勝利に貢献した。だが、同試合の中継映像には試合途中にヘメドが、相手DFデアンドレ・イェドリンと競り合った際に太ももの裏を踏みつける行為が映っており、FAは試合後にこの行為を暴力行為と判断し、同選手に処分を科すことを発表。

▽これを受けて、ブライトンはすぐさま異議申し立ての手続きを行ったものの、FAの規律委員会はこの訴えを棄却し、3試合の出場停止処分が確定した。

▽今季ここまでのリーグ戦全試合に出場し、2ゴールを挙げていたヘメドだが、次節からのアーセナル戦、エバートン戦、ウェストハム戦の3試合を欠場することになる。