上海上港と浦和レッズは1-1のドロー【写真:Getty Images】

写真拡大

 27日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝1stレグの試合が行われ、中国の上海上港と日本の浦和レッズが対戦。1-1のドローに終わった。

 前半15分、ホームの上海上港は元JリーガーのFWフッキがエリア外から強烈な左足シュートを決めて先制。だが浦和も28分にMF柏木陽介のゴールで同点とし、その後も苦しい展開を耐え抜いてドローでアウェイゲームを乗り切った。

 浦和ホームでの2ndレグは、3週間後の10月18日に開催される。2試合のトータルスコアで決勝進出チームが決まるため、2ndレグでどちらかのチームが勝利を収めれば、当然そのチームが決勝へ進むことになる。

 2ndレグもドローに終わりトータルスコアで並んだ場合は、アウェイゴールの多いチームが勝ち進む。0-0のドローなら浦和、2-2以上のスコアでのドローなら上海上港が決勝進出チームとなる。

 1-1のドローで90分を終えた場合は延長戦へもつれ込むが、欧州の大会などの場合と異なり、延長戦での得点にはアウェイゴールが適用されない。延長戦を終えて同スコアの場合、最後はPK戦で勝者が決定される。

 浦和が決勝へ進めば、優勝を飾った2007年以来10年ぶり。上海上港は今回初の準決勝進出であり、決勝に進んだ場合も当然ながら初となる。

text by 編集部