「インドトレンドフェア2017」開催中

写真拡大

 インド繊維製品の総合展示会「第3回インドトレンドフェア2017」(主催:日印国際産業振興協会(JIIPA))が、9月27日(水)〜29日(金)の3日間、東京・渋谷のベルサール渋谷ファーストにて開催中である。

 「メイク・イン・インディア」を国策として推進するインドでは、繊維産業は最重要産業と位置付けられており、近年は日本とインドとの貿易において関税が撤廃されるなど、インドに対して仕入先、あるいは生産拠点として注目する日本企業は増えている。
 展示会では、ムンバイ、ジャイプール、パニパット、デリーなどインド各地のテキスタイル産地から計94社(アパレル関連72社、ホームテキスタイル22社)が出展、コットンを中心に、ハンドメイドの特徴を活かしたデザイン性の高い製品が多数提案されている。

 また会場内にはステージが設けられ、インド文化を感じさせるインド・ラダック舞踊団や、日本とインドのハーフで、ミスワールド2016日本代表の吉川プリヤンカさんも参加するファッションショーが華やかに行われた。2日以降もヨガ実演やインド古典舞踊などさまざまなイベントが企画されている。なおオープニングには、駐日インド副大使のラジクマルスリワストワ氏などが参加し、吉川プリヤンカさんらとともにテープカットも行われた。