柏木(10番)が貴重なアウェーゴールを決めた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[ACL準決勝第1レグ]上海上港 1-1 浦和/9月27日/中国・上海体育場

 浦和が敵地での第1戦を1-1の引き分けに持ち込んだ。

 試合は、立ち上がりからアウェーの浦和が積極的なディフェンスを見せ、効果的なカウンターを繰り出す。前線のフッキ、エウケソンに入るボールに対してはとりわけ厳しい対応で、余裕を与えない。

 しかし15分、浦和は一瞬の隙を突かれ、フッキにドリブルでの突進を許すと、左足を振り抜かれ、豪快なミドルシュートを叩き込まれる。上海上港に先制点を許してしまう。

 それでも浦和は、気落ちすることなく果敢な守備を継続。徐々にボールポゼッションを高めると、興梠慎三、ラファエル・シルバらがゴールに迫るシーンが出てくる。

 そして27分、浦和は興梠への縦パスが入ると、その落としに反応した柏木陽介が右足を振り抜く。これが上海上港ゴールに突き刺さり、同点に追いつく。浦和が貴重なアウェーゴールを奪う。

 その後、上海上港が反撃を開始。フッキ、オスカールらがゴールに迫り、浦和は危険なシーンを作られるが、なんとかゴールを許さず、前半を1‐1で折り返した。

 後半に入り50分、浦和にビッグチャンスが訪れる。上海上港の守備陣のミスを見逃さなかったR・シルバがこぼれ球を拾い、そのままドリブルで持ち上がる。DFに囲まれながらも至近距離から右足を振り抜いたが、シュートは枠を外れてしまった。

 すると60分、今度は浦和に一転して大ピンチが訪れる。自陣ペナルティエリア付近での混戦からゴール前にいたウー・レイにボールがこぼれ、GK西川と1対1の状況に。しかし、ウー・レイのシュートは西川が身体に当て難を逃れる。

 さらに69分には、オスカールが直接FKを狙うが、これはゴールポストを直撃。浦和は運も味方し、再三のピンチを凌いでいく。

 その後、ホームで勝ち越しを狙いたい上海上港はさらに攻撃の手を強め、サイドに張るオスカールを起点に浦和ゴールに迫る。浦和は自陣に押し込まれ、苦しい時間帯に。80分、浦和はR・シルバに代えて、高木俊幸を投入する。

 87分、浦和は高木のパスミスを拾ったウー・レイにドリブルで持ち込まれ、フリーでシュートを許すが、これはわずかにゴール左に外れる。

 結局、試合は浦和が粘り強い守備で得点を許さず、1-1の引き分けで終了。この結果、第2レグで浦和は勝利もしくは、0-0の引き分けで終えればACLでの10年ぶりの決勝進出が決まる。