浦和MF柏木が値千金の一撃! ACL4強、敵地で上海上港に1-1、10年ぶりの決勝進出へ弾み

写真拡大

フッキの「雷のような一撃」で失点も、柏木が同点弾を叩き込む

 浦和レッズがAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝で、上海上港(中国)との初戦を貴重なアウェーゴールを含む1-1で終え、ホームでの第2戦に向けて弾みをつけた。

 浦和は足の付け根の痛みを抱えるMF柏木陽介が強行出場し、MF長澤和輝とインサイドハーフでコンビを組んでスタメン出場。上海は元ブラジル代表MFオスカル、同FWフッキ、FWエウケソンの強力トリオがスタメンに並んだ。

 アウェーながらも、ある程度浦和がボールを保持する時間を作れていたなかで迎えた前半15分、アジアでは規格外となるフッキの左足が炸裂する。中盤の低い位置で浦和MF青木拓矢を振り切ったフッキは、ゴールから約25メートルの距離から左足を一閃。これが地を這うような弾道でゴール右隅に突き刺さった。試合を速報したアジアサッカー連盟(AFC)公式ツイッターも、「雷のような一撃」と記す強烈ミドルが決まり、浦和は先制を許した。

 それでも浦和は同27分、強行出場の柏木が反撃の一撃を決める。青木からの浮き球パスをペナルティーエリア内で受けたFW興梠慎三が丁寧に後方に落とすと、走り込んだ柏木が利き足とは逆の右足でボレーシュートを放ち、これがゴール左隅に吸い込まれた。浦和は貴重なアウェーゴールとなる同点ゴールで、1-1に追いついた。

 上海の強力攻撃陣は浦和に牙をむいたが、GK西川周作も好セーブを連発。DF阿部勇樹をドリブルでかわしたエウケソンのシュートを至近距離から右手一本で弾き出すと、DFに当たってコースの変わった難しいシュートにも反応してセーブし、勝ち越しを許さず。守護神の働きもあり、浦和はシュート1本に抑え込まれたものの、1-1でハーフタイムを迎えた。

後半も上海の猛攻を凌ぎきる

 後半に入るとホームの上海がより攻撃的な姿勢を見せ、ウズベキスタン代表MFアフメドフもボランチの位置から積極的に攻撃参加してミドルシュートを狙った。さらに同15分には上海の左サイドで中国代表FWウー・レイが完全なフリーで抜け出し、西川と1対1に。浦和の大ピンチとなったが、西川は最後まで動かずにシュートコースをふさいで至近距離からの右足シュートをセーブした。

 中盤でボールを捌く仕事に徹していたオスカルも、同24分に迎えた中央やや左サイドよりの直接FKではキッカーとして登場。西川の逆を突いたシュートはファーサイドのゴールポストを直撃と、浦和はちょっとした幸運にも恵まれた。

 押し込まれる時間が長く、持ち前の攻撃的なサッカーを発揮することはできなかったが、このまま上海の攻撃を防ぎきって1-1のドローで終了。10月18日のホームでの第2戦に向け、アウェーゴールを手にしての引き分けと上々の結果を手にし、10年ぶりの決勝進出に弾みをつけた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images