27日、世界経済フォーラムが発表した2017年版の「世界競争力報告」で韓国の総合順位は137カ国中26位となった。今年の1位は昨年と同じでスイス、2位は米国、3位はシンガポールで、日本は9位、中国は27位だった。写真は韓国の市場。

写真拡大

2017年9月27日、世界経済フォーラム(WEF)が発表した2017年版の「世界競争力報告」で韓国の総合順位は137カ国中26位となった。今年の1位は昨年と同じでスイス、2位は米国、3位はシンガポールで、日本は9位、中国は27位だった。韓国・聯合ニュースなどが伝えた。

韓国は07年に歴代最高の11位を記録して以降は順位が下落傾向となり、14〜17年は4年連続で横ばいとなっている。2000年代に入ってからの韓国の最低順位は04年の29位で、今年は再び最低ランクに近い順位となった。

三大分野別にみると、評価への影響が50%と最も大きい「効率性向上」が26位、影響30%の「企業革新・成熟度」は23位、影響20%の「基本要因」が16位だった。

これら三大分野をさらに12のサブ部門に分けてみると「効率性向上」項目のサブ部門「労働市場の効率」は73位、「金融市場の成熟」は74位にとどまり、最も競争力が劣る部門となった。「企業革新・成熟度」のサブ部門「企業革新」は18位。昨年より2階段上昇したが、傾向的には下落の流れを示している。「基本要因」のサブ部門「マクロ経済環境」は2位となり、最も競争力のある部門として評価された。

WEFは「韓国は先進国の中で珍しく過去10年間ランキングの下落を続けている。(サブグループ)12部門間の不均衡が目立つ」と指摘、また「労働市場の低効率が国家競争力の上昇を妨げる慢性的な要因」とし、「競争国に備え、革新能力の優位性を維持するための努力が必要」と付け加えた。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「ここ10年で発展したのはインターネットと個人のネット放送くらい」「低賃金の上に、所属感も達成感も期待しにくい派遣労働が幅を利かしている状況で、どうやって効率を期待する?」「この国はいつから先進国になったんだ?」「三流先進国だから…」「公務員の不正も関係していると思う」「研究開発に投資すべきなのに不動産に投資する世界でも珍しい国、それが韓国」など、悲観的な意見が多く寄せられた。

また、「日本やドイツみたいに中小企業が活躍できる社会にならないと…」と海外先進国の状況と比較する意見もみられた。(翻訳・編集/三田)