“パーフェクト・ハット”のエースをトットナム監督称賛 「C・ロナウド以上」と語る理由とは

写真拡大

CLアポエル戦でケインが左足、右足、頭でハットトリック達成

 トットナムは現地時間26日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)第2戦で、アポエル(キプロス)を3-0で撃破して2連勝とした。

 この試合で左足、右足、頭でゴールを決める“パーフェクト・ハットトリック”を達成したイングランド代表FWハリー・ケインを、マウリシオ・ポチェッティーノ監督が称賛している。英紙「デイリー・テレグラフ」が報じた。

 ケインは前半39分に左足で先制点をゲット。後半に入ると、同17分にはゴール正面から右足で、同21分には右からのクロスをヘディングで合わせてネットを揺らした。2017年に入って6度目というハットトリックで、チームを勝利に導いた。

 試合後、指揮官のポチェッティーノ監督は、ケインをレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドやバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとも比較しながら、次のように語っている。

ポチェッティーノ監督「世界最高の一人」

「クリスティアーノはファンタスティック。世界最高の一人だ。ハリーは世界最高の一人で、もしかしたら若い分より良い選手かもしれない。だが、二人ともファンタスティックなので、そのことについては話さない。どちらかを選ぶ必要はないだろう?

 彼らは全く異なるタイプだ。クリスティアーノはメッシと同じように、メインストライカーではない。ハリーはゴール前で特別なものを持っている。このレベルのストライカーなら全てが備えているものだ。彼らはキラーだ」

 アルゼンチン人指揮官はケインの決定力の高さはロナウドやメッシに比肩するとし、タイプの違いを挙げた上で、若い分だけ優れている部分もあると語った。

 プレミアリーグで3年連続20ゴール以上を決め、2シーズン連続で得点王にもなっているケイン。24歳の若き点取り屋は、世界最高の選手と比較しても見劣りしないレベルに到達しているようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images