欧州でポゼッション率1位を誇るのはバルサやレアル・マドリーではなく...意外にもあのチーム

写真拡大

 FIFAの教育研究機関であるCIES(スポーツ研究国際センター)によれば、昨季欧州で1位のポゼッション率を記録したのは、バルセロナやレアル・マドリーではないという。

CIESは今週、昨季の全試合のデータを基に各チームのポゼッション率を発表。それによると、セルティック(70,8%)、ボルシア・ドルトムント(70,2%)、パリ・サンジェルマン(67,7%)、シャフタール・ドネツク(67,1%)、マンチェスター・シティ(67,1%)が上位5番目までを占めている。

なお、バルセロナは64,1%で7位、チャンピオンズリーグ2連覇中のレアル・マドリーは61,1%で23位に位置している。アーセン・ヴェンゲル監督が長きに渡ってポゼッションを植え付けてきたアーセナルは55,9%で84位だ。