興梠のアシストから柏木が同点弾を叩き込んだ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の準決勝第1レグ、上海上港対浦和レッズの一戦は9月27日、中国・上海の上海体育場で日本時間の21時から行なわれている。

 浦和は4-1-4-1の布陣。GKは西川周作、DFは右から遠藤航、阿部勇樹、マウリシオ、槙野智章。中盤はアンカーに青木拓矢が入り、2列目は右からラファエル・シルバ、柏木陽介、長澤和輝、武藤雄樹と並んだ。1トップは興梠慎三となっている。

 一方の上海上港はエウケソンを1トップに、右サイドにフッキ、トップ下にオスカール、左サイドにウー・レイを配した布陣でスタートした。

 立ち上がり、浦和は積極的にインターセプトを狙うアグレッシブな守備でリズムを掴む。とりわけ前線のフッキ、エウケソンに入るボールに対し、タイトな守備で余裕を与えない。

 しかし15分、浦和は一瞬の隙を突かれてしまう。右サイドでボールを受けたフッキにドリブルを許すと、そのままカットインから左足を一閃。強烈な弾丸ショットが浦和ゴールに突き刺さった。

 先制を許した浦和だが、果敢なディフェンスは緩まず、上海上港を徐々に押し込んでいく。そして27分、浦和は中央でのパスワークから興梠のポストプレーに反応した柏木が右足のシュート。これがゴールネットを揺らし、浦和が同点に追いつく。浦和が貴重なアウェーゴールを奪った。

 その後は、上海上港が再びブラジル人トリオの個の力で浦和ゴールを襲う。フッキ、オスカールにゴールを脅かされるが、GK西川を中心に堅い守りで得点を許さない。

 前半は1-1で終了した浦和。後半は相手の猛攻に晒される場面が頻発したが、なんとか凌ぎ切り、1-1のままでドロー決着となった。浦和は、第2レグで勝利か、もしくは0-0の引き分けならば決勝進出が決まる。1-1なら勝負は延長戦にもつれ込み、互いに2点以上奪っての引き分けなら上海上港の勝利となる。

 第2レグは10月18日、埼玉スタジアムで行なわれる。