日本OPローアマ比嘉一貴が8位タイに(撮影:米山聡明)

写真拡大

日本男子ツアーの来シーズン出場権をかけた「クォリファイングトーナメント(QT)」。8月下旬から10月上旬の期間、全10会場でセカンドQTが行わるが、9月26日(火)、太平洋クラブ佐野ヒルクレストコース(栃木県)、小野東洋ゴルフ倶楽部(兵庫県)の2会場で4日間の戦いが開幕。この日、全選手が2日目の競技を終えた。
比嘉、2週連続のローアマも心中は複雑!?
太平洋クラブ佐野ヒルクレストコース会場は、首位発進を決めた34歳のわたり哲也がトータル8アンダー2位タイでホールアウト。俳優の渡哲也さんと読み方が同じということでも話題になった。わたりと並び、2016年日本学生ゴルフ選手権競技覇者で、先日のPGA資格認定プロテストでも合格した阿久津未来也も2位タイにつけている。
小野東洋ゴルフ倶楽部会場では6アンダーで橋本龍位が単独首位に、昨年の日本オープンローアマで東北福祉大学4年の注目アマチュア・比嘉一貴は、スコアを1つ落として1アンダーで8位タイで2日目を終えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【男子セカンドQT】
世界への挑戦を今回は断念した片岡大育「力さえあればいつでもどこにでも行ける」
2017年日本男子ツアー・セカンドQT成績
松山英樹、今シーズンを終えて感じた課題は?
【WITB】スイングを変えずにギアで飛距離アップした片岡大育