サッカー史に残る高額移籍金が発生した「ベテラン10人」 日本代表選手と共闘した名手も選出

写真拡大

英メディアが30代にして高額移籍した選手をランキングで紹介

 欧州サッカー市場は、フランス代表FWウスマン・デンベレ(バルセロナ)や同代表FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)ら10代の若手に、「100億円」の値札がつくことは珍しくなくなった。

 年齢を重ねるたびに移籍金は減額するのが通例となるなか、英サッカーメディア「90min」スペイン語版は、30代にして高額な移籍金で“引き抜かれた”選手のランキングを紹介。トップ10には、日本人選手と共闘した選手も名を連ねている。

 10位は、チリ代表の守護神クラウディオ・ブラーボ(マンチェスター・シティ)。ジョゼップ・グアルディオラ監督がGKスキルとともに足下の技術を買い、2016年夏の移籍市場で加入。当時33歳のブラーボ獲得に、シティは1800万ユーロ(約23億4000万円)を費やしたが、加入初年度の昨季は失点に直結するミスを連発し、今季はブラジル代表GKエデルソンの控えに甘んじている。

 6位タイには、移籍金2000万ユーロ(約26億円)で4人が並ぶ。1人目は、今夏フィオレンティーナからミランに買い取り義務付きのレンタル移籍で加入したニコラ・カリニッチだ。現在29歳のクロアチア代表FWだが、完全移籍が締結される2018-19シーズンには30歳となる。2016-17シーズンに15ゴールを挙げ、今季も現地時間17日のセリエA第4節ウディネーゼ戦で初得点を含む2ゴールを奪い勝利に貢献している。

 続いて、今夏にPSGからユベントスに移籍したフランス代表MFブレーズ・マテュイディ。今年で30歳になった中盤のオールラウンダーは、リーグ戦ここまで6試合すべてに出場しており、ユーベの目利き能力の高さを象徴している。

 同じく移籍金2000万ユーロでも、対照的なのはフランス代表DFジェレミー・マテュー(現スポルティング・リスボン)だ。189センチの長身を生かしたCB兼SBとしてバレンシアで存在感を放ち、31歳となった2014年にバルサへ加入。しかし、ライバルとの競争に勝利できずバックアッパーにとどまり、今夏「ゼロ円移籍」でチームを去った。

長友、中田と同僚だった3選手も上位入り

 6位タイのなかで前述した3人は近年の移籍だが、ジネディーヌ・ジダン(現レアル・マドリード監督)らを支えた“名脇役”として知られた元フランス代表MFクロード・マケレレも、2003年にレアルからチェルシーへ同金額で移籍している。オイルマネーで欧州サッカー界を席巻し始めたロマン・アブラモビッチ会長肝煎りの移籍は、今でも高額移籍として歴史に残っている。

 彼らの金額をわずかに上回る5位には、「唯我独尊男」の元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(現マンチェスター・ユナイテッド)が入った。30歳となった2012年、ミランからPSGに加入した際の移籍金は2100万ユーロ(約27億3000万円)。その後の活躍は推して知るべしで、同サイトは「スウェーデン人ストライカーはワインのようなもの。年齢とともに熟成する」と賛辞を送っている。

 ここから3人は、日本人選手とチームメイトだった選手が続く。まずは日本代表DF長友佑都とともにプレーした元アルゼンチン代表FWディエゴ・ミリートと、元カメルーン代表FWサミュエル・エトーだ。前者は30歳となった2009年にジェノアから2500万ユーロ(約32億5000万円)でインテルに加入、後者は30歳時点でインテルから2700万ユーロ(約35億1000万円)でアンジ・マハチカラへと去っている。

 名うてのストライカーを大きく上回る金額なのは、アルゼンチン代表のゴールゲッターとして知られたFWガブリエル・バティストゥータ。豪快な“バティゴール”を量産していたフィオレンティーナから、00年にローマに移籍。当時のローマは元日本代表MF中田英寿、元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティらが在籍する豪華な陣容だったが、31歳ながら3600万ユーロ(約46億8000万円)もの移籍金を払い、クラブは悲願のスクデット獲得への足掛かりにした。 

1位は今夏ユーベから電撃移籍した“闘将”

 そのバティストゥータを上回る移籍金が生まれたのが、今夏の移籍市場だ。ユベントスに所属したイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが4200万ユーロ(約54億6000万円)もの額でミランへと引き抜かれた。名門再建を目指すロッソネロ(ミランの愛称)がユーベの闘将を引き抜いたことだけでなく、30歳にして50億円を優に超える移籍金がついたことも驚きを持って伝えられた。

 上位5人にすべてイタリアのクラブが絡んでいるのも興味深いが、30代に差し掛かっても高い市場価値がつくということは、長期的に見ても活躍可能だとクラブ側が判断したという証左でもある。若手にはない“ベテランの味”で、チームの屋台骨を支えているのは間違いない。

 トップ10の一覧は以下の通り。

順位 選手名(当時移籍先/移籍金)
1位 レオナルド・ボヌッチ(ミラン/54億6000万円)
2位 ガブリエル・バティストゥータ(ローマ/46億8000万円)
3位 サミュエル・エトー(アンジ・マハチカラ/35億1000万円)
4位 ディエゴ・ミリート(インテル/32億5000万円)
5位 ズラタン・イブラヒモビッチ(パリ・サンジェルマン/27億3000万円)
6位 ニコラ・カリニッチ(ミラン/26億円)
6位 ブレーズ・マテュイディ(ユベントス/26億円)
6位 ジェレミー・マテュー(バルセロナ/26億円)
6位 クロード・マケレレ(チェルシー/26億円)
10位 クラウディオ・ブラーボ(マンチェスター・シティ/23億4000万円)

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images