フィリピン人SSW、Reese Lansanganの「Grammar Nazi」がバンコクの学校教材に

写真拡大

 シンガーソングライターReese Lansanganは、バンコクの子供達の英語学習をより楽しいものにしてくれるかもしれない。

 2017年9月4日にAssumption College Thonburi校は、Lansanganの「Grammar Nazi」を学校の英語の授業で学習用教材として使ったことを示すビデオを公開した。「単数名詞と複数名詞に続くbe動詞や複数形にすることができない不可算名詞やアポストロフィがつく所有格と短縮形などについて学ぶためにフィリピン人のアーティストReese Lansanganの歌を使った」と学校側は話している。

 そして4日深夜、Lansanganは自身の公式ツイッター・アカウントに「私の歌が他国で若者の学習用教材になったことは私にとって大きな栄誉です」とツイートした。

 Lansanganは、2冊目の著書「The Maps That Contain Us」をマニラ国際ブックフェアで9月16日に公開したばかりだ。

◎G.4A Listening Task (also featuring G.1B)
https://youtu.be/iGEq2hRBNVY

◎「Grammar Nazi」MV
https://youtu.be/hTJw6Llr21M

◎Reese Lansanganによる投稿
https://twitter.com/reeseypeasy/status/904709193327722497
https://twitter.com/reeseypeasy/status/904710116976484356

Text: Billboard Philippines (原文: Kara Bodegon / 翻訳: Isa Igana)
Photo: Reese Lansangan on YouTube