ACL4強“日中決戦”に挑む浦和、敵地第1戦のスタメン発表! 上海のオスカル、フッキを封じられるか

写真拡大

柏木が強行出場、右SBに遠藤を起用か

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第1戦の上海上港(中国)戦に臨む、浦和レッズのスターティングメンバーが発表された。

 アウェーに乗り込んだ浦和は、「10番」を背負うMF柏木陽介が強行出場でスタメンのピッチに立つ。インサイドハーフのパートナーはMF長澤和輝が務めると見られ、右サイドアタッカーにはFWラファエル・シルバ、左はFW武藤雄樹が入り、1トップにはACL日本人最多得点を更新中のFW興梠慎三が起用された。

 一方の守備陣は、GK西川周作の前に並ぶ最終ラインではDF遠藤航の右サイドバック起用が濃厚で、DF阿部勇樹とDFマウリシオのセンターバックコンビに、左サイドバックがDF槙野智章。アンカーには直近のリーグ戦での出場停止から復帰したMF青木拓矢が入ると見込まれる。

 対する上海上港は、守備陣を中心に3人の出場停止選手を抱えるが、ブラジル代表MFオスカル、同代表FWフッキ、FWエウケソンの強力トリオが揃ってスタメンに名を連ね、中国代表FWウー・レイや、ウズベキスタン代表MFアフメドフもスタートから起用される。

 浦和と上海上港はグループステージでも同組となり、浦和はアウェーでは2-3で敗戦している。今回のホーム&アウェーでの決戦でも、試合自体の勝ちや引き分けという結果もさることながら、アウェーゴールを奪い取るような戦いが期待される。

 浦和はラウンド16の済州ユナイテッド(韓国)戦、準々決勝の川崎フロンターレ戦と、いずれも初戦をアウェーで敗戦しながら、ホームでの第2戦で逆転勝利を収めてきた。今回も第2戦を本拠地で戦うだけに、第1戦では次につながる結果を得て日本に戻ってきたいところだ。

 浦和のスターティングメンバーは以下の通り。

GK
西川周作
DF
遠藤 航
マウリシオ
阿部勇樹
槙野智章
MF
青木拓矢
柏木陽介
長澤和輝
FW
ラファエル・シルバ
興梠慎三
武藤雄樹

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images