そのまま干すのはNG! ニオわない部屋干しの方法

写真拡大 (全6枚)

どうしても部屋干しをしなきゃいけないときがある。でも、つきまとうのは「生乾きのがニオイがする…」「なかなか乾かない…」などの悩み。実はそんな悩みはサーキュレーターがあれば解決できます!


部屋干しのお供に
サーキュレーターを


天気が悪い時や日中干せないときは部屋干し。でも部屋干しは乾くのに時間がかかったり、生乾きのニオイがしてイヤになりませんか? 実はサーキュレーターがあればそのストレスから解放してくれるんです!

そもそも「サーキュレーターって、何に使うの?」という人も多いかと思います。
サーキュレーターとは、エアコンなどの冷暖房使用時に空気を循環させたり、部屋干しのアシストをしてくれるものです。



こんな感じに使います。風を直線的に送るので洗濯物が早く乾き、ニオイもしづらくなるのです。

今回は、以前より検証を重ねて評価が高めだった、アイリスオーヤマとツインバードのサーキュレーターを、「部屋干し」ならどちらを使うべきか検証してみました。

それでは比べる2製品をご紹介します。



アイリスオーヤマ
PCF-C18T
実勢価格 7669円
ポイントは首が上下左右にスイングし、空気をまんべんなく撹拌してくれるところ。特殊な羽根の形状によって騒音が抑えられている点もポイントが高いです。



ツインバード
サーキュレーター 3D
KJ-D997B
実勢価格 5252円
こちらは風力が強い! 8の字形の首振りでムラなく空気を届ける工夫がありますが、それによって死角ができてしまうことも。

テスト方法はこのように行いました。

[テスト方法]
音:騒音計で測定
風力:4m離れたところからすずらんテープに強モードの風を当てる

それでは結果を見てみましょう。


[アイリスオーヤマ]
音:62.6dB(普通の会話くらい)
風力:★★★



風力はやや劣るものの、一部だけに風が強く当たることはなく、まんべんなく柔らかい風が当たります。上下左右の首振りも部屋干し向きです。音実際に聞くとかなり静かな印象でした。夜間でも使えそうです。


[ツインバード]
音:75.2dB(騒がしい街頭くらい)
風力:★★★★★



風のパワフルさではツインバードが上。ただ、強力すぎて洗濯物が煽られそうです。また、8の字形のスイングで洗濯物に当たらないときが結構ありました。こちらは空気の循環向けのようです。音は結構気になりました。

風のパワーではツインバードに劣るものの、洗濯物へ風がまんべんなく広がるアイリスに軍配が上がりました。使用時の騒音が圧倒的に静かな点も、普段使いとして評価できますね。

洗濯物を室内で乾かす時には、アイリスのサーキュレーターが縦横無尽に活躍してくれるでしょう。



360.lifeは、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。