【AirPodsで惜しいコト】プロが選んだ音にこだわるこの1本

写真拡大 (全22枚)

大人気のAirPodsは、いまだに入荷待ちのことも多く、手に入るまでに時間がかかることもしばしば。しかし、実際に使ってみると感じるのは、大絶賛とはいかないその音質。2万円弱という価格からすると物足りない人もかもしれません。そこで、今回は最新&人気のライトニングとBluetoothイヤホンを揃え、iPhone7、8で良い音が聴けるイヤホンを探してみました。


必ずしも「最高」ではない
AirPodsの音質評価


バツグンの使い勝手の良さで人気のAirPodsも、音質に関しては手放しで褒める声は多くありません。多いのは「これで十分」という声。つまり、満足はしているが、高音質だとは感じていない人が多いようです。

近日公開予定の「ワイヤレスイヤホンランキング」でも、音質順位は5位にランク付けされており、まずまずといったところです。



Apple
AirPods
実勢価格:1万8114円

そこで今回は、もっと「良い音が欲しい」という人のために、イヤホンジャックのないiPhone7や8に対応できる、ライトニング接続やワイヤレスタイプのイヤホンを検証。馴染み曲を視聴し、プロに音の良さを比較してもらいました。


高音&低音ともにダントツの良音!
別格のパイオニア RAYZ Plus


1万円以上出せるなら、ダントツでおすすめのノイズキャンセリングつき高性能イヤホン。パイオニアらしい力強さのほかに、1万円台のイヤホンにしては優れたバランスで、高音・低音ともに質の高さを見せつけました。

充電や通話・音楽再生ができる付加機能もあり、「AirPodsよりも性能が勝る」とプロが高く評価したほどです。



パイオニア
RAYZ Plus SE-LTC5R
実勢価格:1万7064円
ケーブル長さ:1.2m
プラグ:Lightningコネクタ
タイプ:ライトニング



世界初の充電用ポートをケーブルに装備。充電しながら通話や音楽再生ができるので、充電がなくなっても安心です。



操作が簡単なコントロールボックスは、ボリュームのアップ・ダウンだけでなく、音声通話時のミュート切替などができる機能も搭載しています。



「いい音を作る要素が調和されたイヤホン」と、プロも高評価でした。



圧倒的な遮音性の高さと良質な音は1万円台のイヤホンとは思えないほど高いクオリティ! 素人にもその良さがわかるほどです。


U1万円なら低音が惜しいけど秀逸な
プラントロニクス Back Beat Go3


前回のBluetoothイヤホンで見事1位を獲得したプラントロニクス。出音のクオリティは1万円を優に超えますが、低音は減点。

しかし、バランスは秀逸でキレがあり、1万円以下の他種とはまったく違う良音が楽しめます。U1万円の中でなら、やはりプラントロニクスがおすすめです。




plantronics
Back Beat Go3
実勢価格:1万18円
ケーブル長さ:0.6m
タイプ:Bluetooth



コントロール部分は音楽再生・一時停止と、次曲へのスキップ、前の曲の再生とボリュームアップ、ダウンが可能。

さらに、着信の応答とミュート設定、キャッチホン&通話終了もこのコントローラーですべてできるのが非常に便利です。



右・左耳の表示が大きくわかりやすいデザイン。充電はフタの部分をあけて、充電コードを挿すだけ。イヤーピースの交換も非常に簡単です。締め付けないので耳の装着感も◎。



プロの評価は「高音寄りで中〜低域にかけての圧に欠け、少し物足りなさは残ります」とのこと。


高精細の奥行までは感じられず…。
Logitec LHP-C192HRGDは値段なり


インパクトがあってやや低音の音離れがいいですが、高精細の奥行までは感じられませんでした。立体感が感じられないこともないですが、出音が少し歪んでしまっているのが多少気になるところ。




Logitec
LHP-C192HRGD
実勢価格:7820円
ケーブル長さ:1.2m
タイプ:ライトニング



音のインパクトはAnker・オーディオテクニカよりも秀でていて、遮音性はトップクラス!


Anker SoundsBuds Digital IE10は
素人が聞いてもわかる安っぽい音


出音がかなり安っぽいです。周波数はやや狭めで、高音の手前の中高音が出張ることでクリアさを達成していますが、中域〜低音の厚みとボリュームがもっとほしい気がします。




Anker
SoundsBuds Digital IE10
実勢価格:5999円
ケーブル長さ:1.2m
タイプ:ライトニング



高音〜低音・音のインパクトはすべてC評価で、素人が聞いても安っぽい音だとわかります。


中高音の歪みが気になるものの
バランス力に優れたオーディオテクニカ


Bluetoothの接続が簡単で、LogitecとAnkerの2機種に比べてバランス力は優れていました。プロが気にしたのは中高域の音の歪み。低音のインパクトも少なかったです。




オーディオテクニカ
SOLID BASS ATH-CKS550BT
実勢価格:8800円
ケーブル長さ:1.2m
タイプ:Bluetooth



どの音も可もなく不可もなく……。

以上、最新iPhone向けイヤホンの比較テストでした。今回絶対おすすめしたいのはパイオニアの「RAYZ Plus SE-LTC5R」です。その音質は2万円弱のApple「AirPods」よりも勝る! とプロも唸ったほど。ぜひ試してみてください。

近日、AirPodsも含め、耳だけワイヤレスイヤホンを集めた、音質ランキングも公開予定ですので、そちらにもご期待ください。


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。