スケジュールが酷すぎる!月曜試合を終えたヴェンゲルが嘆く

写真拡大

アーセナル公式サイトは、月曜日に行われたWBA戦後のアーセン・ヴェンゲル監督によるコメントを掲載した。

月曜夜に試合を行い、木曜日にベラルーシを訪れBATEボリソフと対戦、さらに日曜の昼にブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンと戦うアーセナル。

この週は非常に厳しい予定が組まれており、移動を挟んで中2日以下での試合を余儀なくされている。

ヴェンゲル監督はこのスケジュールに苦言を呈するとともに、チームの選択が非常に厳しいと吐露した。

アーセン・ヴェンゲル

「私は決断を下した。現時点では、我々のスケジュールは少し酷すぎるものだと言えるよ。

昨日WBAと戦った。そして、我々は木曜日にBATEボリソフと試合をする。そして、日曜日の昼12時にブライトンとプレーするわけだ。

週末のスケジュールを守れば、他の時刻に移せる余地があるように思う。しかし、これを受け入れなければならない。

ボリソフにはいいチームを連れていきたい。シニアの選手のチームと、若い選手のベンチをね」

(リーグのスケジュールについて話し合う予定は?)

「プレミアリーグと話をする必要はない。なぜなら、これはテレビが決めていることだからだ。

我々にとって時間はとても短い。しかし、テレビが決めていることだ。そして、それにごちゃごちゃ言いはしない。

しかし言いたいのは、我々のチームの選択が難しいということだ。木曜日と、日曜日の試合に。

なぜなら、我々はまたホームゲームが待っているし、そこで結果を残すことはとても重要だからだ」