27日、韓国メディアは、韓国で3歳の子どもたちが通う幼稚園の給食のおかずにキムチチゲや豚肉のコチュジャン炒めといった辛くてしょっぱいメニューが出されている実態を伝えた。写真はキムチ。

写真拡大

2017年9月27日、韓国・朝鮮TVは、韓国で3歳の子どもたちが通う幼稚園の給食のおかずにキムチチゲや豚肉のコチュジャン炒めといった辛くてしょっぱいメニューが出されている実態を伝えた。

朝鮮TVが取材したところ、韓国・仁川にある小学校併設の幼稚園のある日の給食にはトウガラシがたっぷり入った豚肉のコチュジャン炒めやキムチがおかずとして並んでいた。満3歳の子どもたちのほとんどが「辛くて食べられない」と言っておかずには手をつけず、ごはんとスープだけを食べていたという。また、京畿道にある小学校併設の幼稚園でも、給食の献立には白菜キムチやキムチチゲ、タッカルビ(鶏肉や野菜をコチュジャンなどで辛く味付けした韓国料理)などが並んでいる。これは併設の小学校のホームページに掲載されている給食の献立と同じだという。

このように、韓国では4298園ある併設幼稚園の99%が小学校と同じ献立で給食を提供している。併設幼稚園に通う子どもの親は「調理室にコチュジャンを抜いて作るよう提案したが変化は見られない」と明らかにした。一方、併設幼稚園の園長は「幼稚園生から小学校6年生までが同じメニューを食べている。子どもたちの親からは苦情も寄せられているが、われわれにはどうすることもできない部分」と説明した。

この問題については、野党「自由韓国党」のキム・ソッキ議員も「教育部と一部の教育庁はポピュリズム的な公約ばかり出さず、成長期の乳幼児らの身体発達を考慮したバランスの取れた献立を実現してほしい」と訴えている。国民の間でも「幼稚園生用に別途の献立を作るべき」との声が高まっているという。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「信じられない」「メニューがまるでお酒のおつまみ」「そんなことになっているとは考えもしなかった」「これはひど過ぎる」「早く改善しなければならない」など驚きの声が寄せられている。

また、「園長がどうすることもできないなんてことがあるの?キムチは小学校6年生でも食べられない子が多いのに」「そんなマインドの人間が子どもたちを教育する立場にいてはいけない」など幼稚園園長に対する批判の声も。

そのほか、「幼稚園生に合わせた献立にするべき。小学生が薄味のメニューを食べることは問題ない。どうせ辛くてしょっぱいものは健康に良くないのだから」と主張する声や、「親の無関心も原因の一つでは?どんなに忙しくても献立を確認し、おかしいと感じたら異議を唱えるべき」と指摘する声もみられた。(翻訳・編集/堂本)