画像提供:マイナビニュース

写真拡大

京浜急行電鉄は10月1日から、京急グループのマスコットキャラクター「けいきゅん」を車体にあしらったラッピング列車「けいきゅん号」を運行する。

2018年の創立120周年に合わせた企画で、2100形1編成(8両編成)の車体に「けいきゅん」をラッピングするほか、中吊り広告や窓上広告、マナーステッカーや一部の座席の枕カバーなども「けいきゅん」のデザインに変更。前面に120周年記念のヘッドマークを掲出する。運行期間は2018年1月9日まで。

これに合わせ、各駅設置のチラシや京急電鉄ウェブサイトで出されるクイズに答えると抽選で120名に京急オリジナルグッズなどが当たるキャンペーンも開催。さらに「ゆるキャラグランプリ 2017」で「けいきゅん」が60位以内に入ると、「けいきゅん号」の一部の座席で使用できる枕カバーを抽選で12名プレゼントする。30位内に入った場合は、抽選で選んだ3名の自宅を「けいきゅん」が実際に訪ねるという。