IAEAの天野之弥事務局長=(AP=聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長が28日来韓し、康京和(カン・ギョンファ)韓国外交部長官らと会談し、北朝鮮核問題をはじめとする懸案について協議する。外交部が27日伝えた。

 天野氏は30日まで滞在し、康長官のほか、科学技術情報通信部の兪英民(ユ・ヨンミン)長官や、韓国原子力安全委員会の金溶煥(キム・ヨンファン)委員長など、原子力分野の関係者と面会する予定という。

 外交部は「北の6回目の核実験以降、挑発が続くなか行われる今回の天野事務局長の韓国訪問は、北核問題解決のためのIAEAと韓国の協力について深く議論する契機になるとみられる」と説明した。

 また外交部は、原子力の安全な使用や原発の廃炉など、原子力分野における韓国の当面の課題について韓国とIAEAの協力を強化するのにも役立つだろうと伝えた。