Jクラブが「eスポーツ」の取り組みを実施するのは珍しい。是非チェックしよう。(C)S.D.CO.,LTD.

写真拡大

 サガン鳥栖が9月30日(土)、鹿島アントラーズ戦から、ホームゲーム開催時に「eスポーツ」の大会を開催する。
 
「eスポーツ(e-sports)」とは、「エレクトロニック・スポーツ(Electronic Sports)」の略で、コンピューターゲームやビデオゲームで行なわれる競技。サッカーなどのスポーツゲームをはじめ、シューティングゲーム、格闘ゲーム、戦略ゲーム、モバイルゲームなど多様な部門が存在している。世界各国で大会が開催され、将来はオリンピック種目になるとも言われている。
 
「2017サガン鳥栖eスポーツフットボール大会」と銘打たれた今大会では、9月29日に発売する「FIFA18」の個人戦を実施。今季のホーム戦開催日に数回の大会を開催したのち、チャンピオンを決定する。優勝者には、年末に開催予定のシーズン報告会にてサガン鳥栖の選手と対決できる。
 
大会名称:2017サガン鳥栖eスポーツフットボール大会
開催日時:9月30日(土)11:30〜14:00
開催場所:サガン鳥栖eスポーツスタジアム(都市広場特設テント)
応募締切:9月28日(木)15:00まで
 
参加方法などはサガン鳥栖の公式ホームページをチェック!
http://www.sagan-tosu.net/news/p/2456/