画像提供:マイナビニュース

写真拡大

米Instagramは2017年9月26日(現地時間)、全世界での月間アクティブユーザーが8億人を突破したことを明かした。同時に、自分の投稿に対してコメントできる利用者を設定、状況に応じてブロックできる「コメントコントロール機能」を追加した。

コメントコントロール機能では、公開アカウントの利用者が自分の投稿に対し、コメントする人の範囲を「フォロー中の人とフォロワー」「フォロー中の人」「フォロワー」から設定可能だ。非公開アカウント利用者も、コメントしてほしくないアカウントを指定してブロックできる。

また、同社は世界各国で「#思いやりを言葉に」キャンペーンを行っている。Instagramが、「思いやり」をテーマにした絵を壁面に描いたフォトジェニックな「アートウォール」を用意。ユーザーはウォール前で撮影した写真・動画にポジティブなコメントを添えて投稿するというもの。日本でも10月4日に東京・青山にてウォールを公開する予定だ。なおキャンペーンの一環として9月27日から期間限定で、Instagramのストーリーズで利用できる思いやりスタンプを公開する。