インテル最古参の長友が放つ“人間力” SBのライバルとも関係良好と伊紙が紹介

写真拡大

伊紙がジェノア戦で殊勲弾を決めたダンブロージオを特集

 インテルの日本代表DF長友佑都は、クラブ在籍年数が現メンバーで最長となった。

 今季左サイドバックの定位置は新加入のブラジル人DFダウベルトと分け合っているが、クラブ内の別のライバルとの人間関係はすこぶる良好のようだ。

 イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は、「思いもよらぬゴールを決めた! ダンブロージオはどんな選手か」と特集。1-0で勝利した前節ジェノア戦で決勝ゴールを決めた右サイドバック、DFダニーロ・ダンブロージオの横顔に迫っている。

 子どもの頃、ナポリファンだったダンブロージオは父親がナポリのピザ屋、母親は教師、妹が心理学者、双子の兄のダリオはセリエC1シエナのDFだという。

 そして特集では、チーム内での交友関係を紹介。「ダニーロは特にハンダノビッチ、イカルディ、カンドレーバ、長友、パデッリと仲が良い」と報じられている。

 長友は左右のサイドバックを兼務するため、ダンブロージオとは時にポジションを争うライバルとなる間柄。それでも持ち前のコミュニケーション能力の高さから、ダンブロージオと5人の仲間たちの一角を占めているようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images