マルチツールでワインを開栓!デキる男の必携品です

写真拡大 (全5枚)

例えば自宅でのパーティー、とっておきのワインを友人たちに振る舞う際に、慣れない開栓に手間取ったらちょっと恥ずかしいですよね。そういった場面でも、なるべく“できる”人と思われたいのが男の心理。

ビクトリノックスより登場したマルチツールの新製品「ワインマスター」は、その名の通り、ワインオープナーをメインの機能としつつ、キャップシールを開けるフォイルカッターや、おつまみのカットにも使えるナイフ、栓抜きなど、多機能ツールを搭載。ワインをスマートに楽しむなら必携の1本です。

搭載されている6機能のうち、ワイン開栓時にまず活躍するのが「フォイルカッター」で、キャプシールを綺麗にカットできます。「コルク栓抜き」は、他のマルチツールに搭載されたスクリューよりも長めになっており、様々なコルクに対応。高級なワインほどコルクが長めだったりするので、このあたりは愛好家でも納得です。

コルクを抜く際のテコとなる「2ステップレバー」は、テコを2段階で使えるため、スムーズかつ正確に抜くことが可能。このレバー部には王冠タイプに対応した「栓抜き」も搭載しているので、ワイン以外のお酒、ドリンクもこれ一本で開栓できます。

ロック機構付きの「ラージブレード」(ナイフ)は、ワインと共に楽しむチーズやバゲット、オードブルなどを切る際にも活躍。6つめの機能として「キーリング」も付いているため、キッチン棚のあたりに吊るして収納なんてこともできます。

木目の美しいハンドル部分は、お好みでウォールナットとオリーブウッドの2種類より選べます。さらには専用の上質なレザーポーチも付属し持ち運ぶ際にも便利。価格は2万520円で、10月21日(土)発売予定。購入は全国のビクトリノックス直営店、取扱店等にて。

>> ビクトリノックス「ワインマスター」

 

(文/&GP編集部)