『池田学展「The Pen―凝縮の宇宙―」』ポスタービジュアル

写真拡大

『池田学展「The Pen―凝縮の宇宙―」』が、本日9月27日から東京・日本橋高島屋で開催されている。

【もっと大きな画像を見る】

1973年に佐賀で生まれたアーティストの池田学。1日にわずかな面積しか描き進めることができないという、ペンを用いた独自の細密技法による作品を発表している。

同展では池田が約20年にわたって制作した作品群を展示。構想に2年、制作に3年3か月を費やして昨年11月に完成した縦3メートル×横4メートルの新作『誕生』をはじめ、これまでのほぼ全作品を網羅する約120点が紹介される。

会期中の10月1日には、池田が『誕生』の滞在制作を行なったアメリカ・チェゼン美術館の前館長であるラッセル・パンチェンコによる講演『「誕生」が誕生するまで』を開催。なお同展は佐賀・佐賀県立美術館、石川・金沢21世紀美術館でも開催され、今回が最後の巡回展となる。現在、特設サイトにはクーポンも用意されている。