あなたの職種はどのスタイル?

写真拡大

職場での男性のオシャレも話題にのぼることが多くなったが、いまだ「ヒゲ」のボーダーラインについては個人差、職種差、職場差が大きいだろう。

パナソニックは、男性従業員がオフィスに10名以上いる有職男女500名を対象に「職業と男性の身だしなみ」に関する調査を実施。

業種別ヒゲメンNGリストや、ヒゲOK/NG職種、暗黙のルールなども見えてきた。

イメージ悪い「青ヒゲ」

今回の調査では、「『ヒゲ』を生やしてもOKだと思う職種/NGだと思う職種」について聞いている。

「OKだと思う」トップはクリエイティブ職(デザイナー、WEB・ゲーム制作、プランナーなど)で50%、次いで経営者・役員で42%、運輸・物流職(ドライバーなど)で40%。自由な発想が期待されるクリエイティブ職は、「ヒゲ」に対しても周囲の寛容度が高いのかもしれない。

一方、「NGだと思う職種」でトップは営業職で58%、次いで専門・サービス職(医療、福祉、教育などで42%、経理・総務職、販売・サービス職でそれぞれ33%。取引先など社外とのやり取りがある職種は「ヒゲ」が許されないといえそうだ。

ただ、ヒゲの剃り残し=「青ヒゲ」に関してはシビアに捉えられているようで、「『青ヒゲ』よりは『ヒゲ』を整えたほうが、清潔感があると思う」(54%)という人は男女併せて半数超という結果に。

「アゴヒゲをきちんと清潔に手入れしている作業員がいる。きちんと仕事ができそうな人だと思う」(33歳・男性・建設/土木/工業)や、「ワイルドでかっこいい」(29歳・男性・教育/学習支援業)など、さまざまな意見があがった。

職種別おすすめのヘア&ヒゲスタイル

では、もしヒゲが「あり」だとして、どんなスタイルにすればウケがいいのだろうか。

近年のトレンドもふまえて美容ジャーナリスト・加藤智一氏がアドバイスしている。

クリエイティブでは「ハイボリュームスタイル」。数年前に流行したネオ七三分けをそのまま伸ばしたようなスタイルだ。ヘアにボリュームがあるので、ヒゲは整えた無精髭で、かたまらないウエットジェルでナチュラルなスタイリングがよい、としている。

清潔感が重視される営業職では、20〜30代のうちは耳や額に髪の毛がかからないことがマスト。トップからフロントにかけ、毛流れを作る。スタイリング剤はマットなワックス。40代以降はフロントをナチュラルに立ち上げた、オールバック風スタイル。サイドはハードジェルで抑えてすっきりと。営業職では、やはりヒゲは控えたほうがよいかもしれない。

経営職では年齢を重ねると、どうしても髪にクセがつきやすくなったり、薄くなったりする。そのため、全体をタイトにまとめたヘアスタイルだと、清潔感が出る。ヒゲを生やせるような業界であれば、フェイスラインや鼻の下に生やすと、そのぶん顔全体でバランスがとれるようになる、という。

調査は、2017年7月28日から8月8日の間に、インターネット上で「勤務先に10名以上男性社員がいる」と回答した20〜30代男女500名を対象にパナソニックが行った。