2017年F1第14戦・シンガポールGPに行ってきました!

シンガポールGPに行くのは今年で3回目。市街地コースで行われるナイトレースの幻想的な雰囲気に魅了され、すっかりシンガポールGPファンになってしまったのです。

今回はシンガポールGPのチケット情報や交通事情などをお届けします。いつかシンガポールGPに行ってみたい!と計画中の方のお役に立てれば幸いです。

シンガポールGPへ行くには旅行会社のツアーもありますが、私はいつも語学勉強もかねて全て個人手配で行きます。
今回は航空券の手配がギリギリになってしまったため出国は羽田空港、帰国は成田空港でした。どちらも直行便が飛んでおり、約6時間のフライトでチャンギ国際空港に到着します。

チャンギ国際空港から宿泊ホテルのあるマリーナ地区へ向かうのに例年タクシーを利用していたのですが、とっても苦い経験がありまして……。

シンガポールはグランプリ期間中、コース周辺が交通規制されるので、通常ルートでホテルに辿りつけないんです! タクシーの運転手さんもよく分かっていなかったらしく、同じところをグルグル。あげくにはホテルが見える所で「後は歩いて行ってね」と降ろされる始末。

シンガポールに初めて行った時には、右も左も分からず大きなキャリーバッグを持ってコースの周りをウロチョロしていたら、警備員さんに「何でここにいるんだ!」と怒られたこともありました(涙)。

なんとかホテルには辿り着いたものの、お金も体力も一気に消費したので今年はMRT(電車)で行く事にしました。

まずは目的地を路線図でチェック。いくつかの路線があるのですが、路線ごとに色分けされているのでとっても分かりやすいんです! 乗り換えの際は、路線の名前や色に従って進めば簡単に乗り換えることができます。

切符(Standard Ticketの購入方法もとっても簡単。改札口近くにある券売機で、路線図もしくはアルファベット順で表示される駅名を選択すればOKです。

ここで注意しなければいけないのがお金。この券売機、10シンガポールドル以上の紙幣は使えません。MRTに乗る際にはなるべく細かいお金を持つようにしましょう。万が一細かいお金が用意できなくても窓口に行けば両替してくれるので、ご安心を。

 

滞在中、MRTにたくさん乗る予定の方、シンガポールGPリピーターになりそうな予感がする方におススメなのが、ez-linkカード。日本でいうSuicaやPASMOと同じチャージ式のICカードです。駅のTicket Officeで買うことができ、初期費用としてはデポジット5シンガポールドル(返却なし)、運賃チャージ分7シンガポールドルのトータル12シンガポールドルがかかります。

しかも一度購入すればずーっと使えるので、とっても便利! 3年振りのシンガポールGPでしたが、前回(2014年)訪れた際に使用していたez-linkカードのチャージも残っており、スムーズに乗車することができました。また、ez-linkカードはStandard Ticketよりも運賃が安くなるのも嬉しいところです。

シンガポールのMRTといえば、エスカレーターのスピードに毎度驚かされます。日本と比べ物にならないくらい速いので、慣れるまでは「乗る」というよりかは「飛び乗る」という感じでした(笑)。キャリーバッグなど大きな荷物を持っている時には、エレベーターの利用をおススメします。

通勤ラッシュ中で混んではいましたが、約30分でホテルに到着! 賃金も安いし、なかなか快適なMRTの旅でした。

シンガポールGPが行われる9月は雨の少ない乾季で、気温は30〜33度と日本の8月と同じくらいなのですが、湿度が高いため体感温度はそれ以上に感じます。

雨が降っていても、夜でもとにかく一日中蒸し暑い! じっと座っているだけでも体が汗でベトベトしてくるので、汗拭きシートがあると便利ですよ。また、日中は日差しが強いので、女性は日焼け止めグッズをお忘れなく。

乾季は南国特有のスコールも多いです(滞在中毎日スコールがありました)。急に空が暗くなったかと思うと、バケツをひっくり返したかのような雨が降り、傘をさしていても全身びっしょびしょ! スコールは1時間程であがるので、どこかで雨宿りするのが賢明かと思います。

スコールは昼間に多く、レース中に雨が降る事はシンガポールGPが開催してから9年間一度もありませんでした。しかーし、今年のシンガポールGPは決勝前から大粒の雨が降り出し、レースが始まってからもしばらく降り続けたのです!

サーキットに行く際は念のためいつも雨具を持ち歩いているので、今回は本当に助かりました。レース観戦中は傘をさすと後ろの人に迷惑がかかってしまうので、レインコートを着用します。レインコートは鞄もすっぽり入るような大きめのものがおススメです。

 

3年振りにシンガポールに行って一番びっくりしたのが、日本食屋が増えていることでした。マリーナ地区にあるミレニアウォークの2階には「ジャパニーズフードストリート」があり、日本のお店がずらり。ここ以外にも歩いていると高確率で日本食屋に出会い、食事には全く困りませんでした。

話がF1から少し離れてしまったので、ここで話をF1に戻しましょう。シンガポールGPのチケットは公式ホームページから購入できます。アーリーバードチケットと言って早く買えば買うほどチケット代がお得になる制度があるので、シンガポールGPに行く事が決定している方は早めに購入するとGood!

そしてチケット購入の際に注意しなければいけないのがZONEです。シンガポールGPは全部で4つのZONEに分かれており、観戦券の種類によって入場エリアが決められています。例えばドライバーの入待ちをしたいのであればZONE1もしくはZONE2に入れるチケットが必要、などサーキットでの自分の行動を考え、それに合わせたチケットを購入しなければいけません。

またシンガポールGPは指定席の他にも、3日間異なるスタンドに座る事ができるコンビネーションパッケージや、ウォークアバウト(自由席)と種類も豊富。座席の位置も指定できます。

チケットは郵送、もしくは現地受け取りの2パターンを選ぶことができます。例年私は郵送にしていたのですが、今年は8月下旬に急遽行く事が決まり日程も近かったので、現地受け取りにしました。

チケットは9月12日〜9月17日の間にRaffles City Convention Centerの4階で受け取ります。こちらには事前に送られてくるメールを印刷したものと、パスポート、購入時に使用したクレジットカードを持って行けばOKです。また、Raffles City Convention CenterはMRTシティホール駅の大型ショッピングセンターに直結しているので、チケットを取りに行きがてらお買い物もでき一石二鳥!

こんなことなら送料もかからないし、今までも現地受け取りにすれば良かった……。来年からは現地受け取りにしよう!と心に誓ったのでした。

チケットを受け取った後、買い物をしに街に繰り出してみると大きなステージを発見! しかもレッドブルのドライバーの写真まであるー!!  これは何かありそうな予感です。こちらの様子は「シンガポールGPイベント・サーキット」編でお届けします。お楽しみに!

(yuri)

シンガポールのエスカレーターはびっくりするほど速かった!【F1女子シンガポールGP観戦記】(http://clicccar.com/2017/09/27/511072/)