(写真: 資生堂パーラーの発表資料より)

写真拡大

■資生堂パーラーから創業115周年の特別コースが登場

 資生堂パーラーは銀座本店にて9月30日(土)〜10月31日(火)の期間限定で、創業115周年を記念した特別コースを提供する。

●創業115周年特別コース(価格は税込み、サービス料10%が別途必要)

 ランチAコース:前菜、魚料理または肉料理、デザート、コーヒー 7,000円 ランチBコース:前菜、スープ、魚料理、肉料理、デザート、コーヒー 12,000円 ディナーAコース:アミューズ、前菜、スープ、魚料理または肉料理、デザート、コーヒー 8,500円 ディナーBコース:アミューズ、前菜、スープ、魚料理、肉料理、デザート、コーヒー 12,500円

 コースデザートはケーキやアイスクリームなどが並ぶワゴンスタイルとなっており、好みのものを選ぶことができる。またサービススタッフも当時を思わせる復刻版の制服を着用するため、タイムスリップしたような気分も味わえそうだ。

■創業115周年特別コースのメニュー

 アミューズ:白身魚のニソワーズ 前菜:タラバガニと梨のサラダ仕立て フルーツトマトを添えて スープ:冷製コーンクリームソースまたはオニオングラタンスープ(+500円) 魚料理:活車海老、帆立貝、白身魚のソテーとスープ・ド・ポワソン 肉料理:鹿児島黒牛のローストビーフ グレイビーソース、または鹿児島県黒牛フィレ肉のステーキ 好みのソースで(+1,500円) デザート:ケーキをワゴンから コーヒー

 生タラバガニで仕立てるクラブサラダを、みずみずしい梨と合わせた新メニューの前菜。肉質の優れた黒毛和種「鹿児島黒牛」を使ったジューシーな肉料理。シェフのお薦めコースの中でも人気の高い「スープ・ド・ポワソン」(南フランス定番の魚介のスープ)やローストビーフ。また、もっちり食感の自家製パンも楽しみだ。西洋料理の王道とされるメニューだけでなく、新しさも融合したゴージャスな特別メニューとなっている。

■伝統と新しさが織りなすメニューを堪能できる

 1902年に国内で初めてのソーダ水やアイスクリームの製造・販売を行うソーダファウンテンとして誕生した資生堂パーラー。本格的にレストランを創業したのは1928年で、西洋料理の草分け的存在、また銀座のシンボルとしても有名になった。長い時間かけて受け継がれてきた伝統と、新しさが融合した資生堂パーラーのメニューの数々。ひとつひとつ丁寧に作り上げられた料理を楽しみながら、115年という歴史や時の流れに思いを馳せてみるのもいいだろう。