京王アカデミープログラム

京王電鉄は文化に関する学びプログラムとして、明治維新が成されてから来年が150周年の節目であることをうけ、明治維新にスポットをあて、歴史家5名による講演会・シンポジウムを開催します。

講演会は、歴史作家の桐野作人氏が、明治維新の中核を担った薩摩藩や西郷隆盛の魅力・功績を語ります。また、シンポジウムは5名の歴史家(伊東成郎氏・桐野作人氏・齊藤洋一氏・知野文哉氏・町田明広氏)による明治維新に関わった諸藩・諸勢力・人物に関する豊富な知識や考えをもとに当時の振り返りを行い、その意義や精神を伝えます。

京王電鉄は、「京王アカデミープログラム」として、京王沿線地域の多様で豊かな文化資産を活用し、沿線の大学・団体などとの連携による「文化(歴史・文学・音楽・美術・自然・科学など)」「教育」「子育て」に関する『学びプログラム』を定期的に実施しています。

「明治維新150年〜激動の時代と人物を考える〜」

12月2日(土)9:40〜12:00、京王プラザホテルの南館5階「エミネンスホール」で開かれます。参加費は1人1、000円(税込)、定員は600人。申込は、WEBが10月16日(月)11:00から11月15日(水)17:00まで。ハガキの場合は、10月16日(月)〜11月15日(水)必着です。送り先など詳細は10月16日(月)から京王線・井の頭線各駅で配布されるチラシ、または京王アカデミープログラム専用ホームページ(https://www.keio.co.jp/keioacademy/)をご覧下さい。応募者多数の場合は抽選で11月24日(金)頃までに当選ハガキが送られます。

問い合わせ:京王電鉄広報部 京王アカデミープログラム担当 TEL042-337-3250 (平日10時〜18時)