リンキン・パーク、故チェスター・ベニントンが楽屋でメンバーとふざける動画を公開

写真拡大

 リンキン・パーク(LP)の楽曲は人間の感情の深さを測り、我々の精神の陰の部分を掘り下げ、慰めを見いだすことに音楽を利用することを決して恐れなかった。とはいえ、明るく楽しい時だってたくさんあったはずだ。

 今年7月に突然亡くなったLPのフロントマン、故チェスター・ベニントンの死を残されたメンバーたちが受け止めようとする中、彼が見せていた、ファンが見たことないような一面を公開して愛するバンド仲間を追悼している。

 2017年9月25日、「チェスターが笑わせてくれた時のことを大切に思う」とキャプションをつけて公開された動画には、楽屋でLPメンバーたちが楽しそうにふざけている様子が捉えられている。チェスターは確かに激しい性格だったが、このようなたわいもない時間を仲間と過ごすこともあったことが分かる。

 動画では、チェスターが楽屋でアコースティックギターを弾きながら、“I like unicorns and you like lollipops, oh yeah(僕はユニコーン、君はロリポップが好き)”と即興で歌い、その後メンバーと“ユニコーンとロリポップ”のラップに突入している。

 LPは10月27日にロサンゼルスのハリウッド・ボウルでチェスターの追悼イベントを開催する。アヴェンジド・セヴンフォールド、ブリンク182、マシン・ガン・ケリー、キアーラ、イエローカードのシンガーのウィリアム・ライアン・キー、ブリング・ミー・ザ・ホライズン、コーン、そしてシステム・オブ・ア・ダウンのメンバーの参加が予定されている。


◎リンキン・パークによる投稿
https://twitter.com/linkinpark/status/912416345303564288