「心に残ることを言っちゃダメ」カンニング竹山がコメンテーターの心得を伝授

写真拡大

現在はコメンテーターとしても活躍中のお笑い芸人・カンニング竹山さん。

2017年9月21日に放送されたテレビ朝日系バラエティ番組『アメトーーク!』の中で、「コメンテーターとして売れる秘訣」を明かしました。

現在、竹山さんはTBS系『ビビット』、フジテレビ系『ノンストップ!』、『直撃LIVE グッディ!』の3つの情報番組にレギュラー出演する売れっ子コメンテーターです。

竹山さん曰く、複数のワイドショー番組でコメンテーターとしてオファーされるためには、ちょっとしたコツがあるようです。

大事なポイント、それは?

この日の番組では『コメンテーターやりたい芸人』と題して、コメンテーターに憧れる芸人たちが集合。

近年、ワイドショー番組でコメンテーターとして活躍する芸人たちの姿が目立つようになりました。その結果、コメンテーターになることに憧れる芸人も増えたようです。

今回のご意見番としてゲスト出演したのが、芸人コメンテーターの代表格といってもいい存在である竹山さんでした。

コメンテーターに憧れる芸人の1人として出演した品川祐さんは、竹山さんについてこうコメントします。

心に残ることをいわないのに、3本も出ているっていうすごさ。

アメトーーク! ーより引用

これに対して竹山さんは「これちょっとね、コツあるんですよ」と語り始めます。竹山さんが語る、コツとは…。

心に残ることをいっちゃダメなんですよ!

アメトーーク! ーより引用

心に残る明言を放ったほうが、コメンテーターとしての株が上がると思いがち。ですが、それは間違いだと竹山さんは指摘します。

心に残ることなんかいったら、印象に残っちゃうから。

邪魔になるんですよ!

どうでもいいことを、難しそうにいうのがコツなんですよ

それでいいんです。

アメトーーク! ーより引用

同じネタもありますから、番組によっていいかたを変えたりする。

『ビビット』だと、ちょっと遊ぶとか。

『グッディ』は意外とボケても、そんなにウケないのよ。安藤(優子)さんがツッコんでくれないから。

アメトーーク! ーより引用

複数の番組でコメンテーターとして出演する竹山さんは、同じ話題について別の番組でコメントしなければならないケースも多くあります。

そこで印象に残るようなことをいってしまうと、視聴者の期待値が上がってしまい、ほかの番組でも質の高いコメントを求められてしまうということがあるよう。

「名言をいわない」ということは、複数の番組でコメンテーターとして出演する竹山さんならではの意見です。

また、竹山さんは発言内容や出演スタイルも、番組ごとに差別化を図っているようです。

この竹山さんのアドバイスには思わず共演者たちからも「お〜」と、感心する声が上がっていました。

視聴者の反応

そりゃ名言ばっかりいってたら、ネタ切れしちゃいますよね。竹山さん、むしろ芸人よりもコメンテーターのイメージが強い。さすが売れっ子コメンテーターだな。竹山さんはキレ芸という武器もありますからね。いずれにせよ、3番組でコメンテーターやってる時点ですごい。

奥が深い、竹山さんのコメンテーター論。『コメンテーターやりたい芸人』でなくとも、「なるほど!」と納得してしまう言葉でした。

[文・構成/grape編集部]