重傷の横浜FM齋藤へ、多くの戦友がエール 「来年のマッチアップ楽しみ」「Ganbare Manabu!」

写真拡大

右膝前十字靱帯損傷で全治8カ月の重傷 敵味方関係なくSNSでエール続々

 横浜F・マリノスMF齋藤学は、23日に行われたJ1第27節ヴァンフォーレ甲府戦で右膝前十字靱帯を損傷し、全治8カ月の重傷を負った。

 本人は自身の公式ツイッターで復帰に向けた強い気持ちを示したが、このメッセージを受けて、敵味方や国籍に関係なく、多くのフットボーラーが齋藤へエールを送っている。

 齋藤は甲府戦の後半19分に膝を負傷し、一度はピッチに戻ったものの、同27分にMFイッペイ・シノヅカとの途中交代を余儀なくされた。そして翌24日に横浜市内の病院で検査。クラブの公式発表によれば、右膝前十字靱帯損傷で全治8カ月の見込みだとされている。それでも自身のツイッターで「俺は元気に前をみて進んでます」とした。

 その齋藤に対して、様々な選手からリプライが送られている。今季限りで引退するFC東京MF石川直宏は「1度目でしょ?まだまだ!! 長いけど、振り返った時はあっという間。 だから1日1日を学らしく積み重ねて! 心身共に更に魅力的になっていく姿を楽しみにしてるよ。 その前に俺が復帰した姿見せなきゃな!」(以下すべて原文ママ)と、怪我との戦いだった自身のキャリアと重ね合わせて、齋藤を励ました。

 また横浜FMの同僚、元チームメイトからもメッセージが続々と寄せられている。

「日頃から怒られてばっかりだけど、でも大好きな先輩で選手。力不足な自分に何ができるかはこれから次第でわからないけど、学くんが約8ヶ月間、なるべく多く笑ってられるように勝ち続けたい!」(MF遠藤渓太/横浜FM)

齋藤もJリーガーのコメントに感謝

「学に関わる全ての人が辛いと思うけど、1番辛いのは学自身。けど学なら大丈夫! みんながお前の復活を待ってるよ! 焦らず早く治せよ! そしてみんなで彼を支えてあげてほしいです」(MF森谷賢太郎/川崎)

「リハビリキツイけど、絶対治るよ。怪我ばかりの自分がアドバイスはできないけど、 来年のマッチアップ楽しみにしてます。それまでに自分も更に強くなっときます」(FW小野裕二/鳥栖)

「早くピッチに立ってくれ てか、元気なさそうだから会いに行くぜ(^^)」(DF比嘉祐介/千葉)

 そして外国籍選手からも、同僚MFマルティノスが「マナブ、元気出してくれ! 早期復活と共により強く戻ってこいよ!!」とエールを送れば、現在G大阪に所属する元同僚FWアデミウソンもローマ字で「Ganbare Manabu! Anata wa Tsuyoi!」としている。

 齋藤自身も「いろんな選手。マリノスサポーターの方々、他のチームのサポーターの方々、たくさんの人のコメント本当にありがとうございます」と感謝の念を記している。厳しい試練に直面していることは間違いないが、横浜FMの背番号10をサポートする声が数多く寄せられていることは事実だ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images